交わす

全て 動詞
2,314 の用例 (0.02 秒)
  • 二人の男は互いに話を交わすこともなく、幸福であるようにも見えない。 カヴァン『『アサイラム・ピース』より6編』より引用
  • これは、二人がこの慣れた呼びかけを交わすのを私が聞いた最後だった。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』より引用
  • それだけを話すと、もう二人の間に交わすべき会話は残っていなかった。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 剣が交わされなかったのと同じように、こちらの攻撃を無化する現象だ。 川上稔『AHEADシリーズ 05 終わりのクロニクル③〈上〉』より引用
  • 二人がそんな会話をわしているところに、前方から三人目が現われた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • もっとこう、ちゃんとした言葉を交わしておくべきではないのだろうか。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 愛を交わしあっていないときの恋人たちは、いったいなにをするのだろ? ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • 二十分間にわたって父と娘のあいだに交わされた言葉はこれだけだった。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(下)』より引用
  • 二人の間に、どんな話が交わされたのか、想像が出来るような気がした。 西村京太郎『雨の中に死ぬ』より引用
  • 最後まで真尋ちゃんとは一言たりとも言葉を交わすことはできなかった。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第09巻』より引用
  • 二度と再び息子と会話を交わすことのあり得ない私の切ない不安である。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • そして彼女も私たちと同じような人間であるかのように会話を交わすのだ。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • 男と女がまだそれほど自由に会話を交わしたりすることのない時代だった。 阿刀田高『まじめ半分』より引用
  • 佐々木と交わした話について伝えたが、州波は返事もせずに立っている。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • あるいはまた西洋間せいようまの電燈の下に無言むごんの微笑ばかりわすこともある。 芥川竜之介『或恋愛小説』より引用
  • 私も始終顔を見知っていましたが言葉をわしたことはなかったのです。 国木田独歩『女難』より引用
  • などという会話が女性二人の間で交わされたが、それも長くは続かない。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • おそらく亀山院とも似たような会話を、彼女は交わし合うのではないか。 杉本苑子『新とはずがたり』より引用
  • 車掌は、そんな会話を交わしながらも無線でどこかと連絡を取っていた。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • それから二人は話を交わすことなく、貸店舗のあるビルの前まで行った。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 次へ »