亡くなる

全て 動詞
2,857 の用例 (0.01 秒)
  • 三十台で亡くなった人は、いつまでも三十台でいるような気がしますね。 島崎藤村『分配』より引用
  • 今わたしがいるこの家の女主人は、もうすでに亡くなっているのだった。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • そうしてこの薬がないためにお祖父様じいさまが亡くなられたらどうなさいます。 夢野久作『若返り薬』より引用
  • 近さんはその数年後に亡くなられたが、まだ四十にもなつてゐなかつた。 福永武彦『第六随筆集 秋風日記』より引用
  • 服部氏は一九〇七年に横浜に生まれ、一九七三年に亡くなっておられる。 綱淵謙錠『幕末風塵録』より引用
  • 家に残ってたのは千晶ちあきって娘一人で、奥さんはずっと昔に亡くなってた。 三上延『シャドウテイカー4 リグル・リグル』より引用
  • 父親も亡くなったのに、なぜまだ二人は、こんな山の中に住んでるのか? 橘外男『墓が呼んでいる』より引用
  • 父親がくなって三年目といえば、息子が最もさびしさを感じる頃である。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • そしてその一言を聞いたと思った頃は、園子はもう亡くなってしまった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 彼はその工事で亡くなったのだろう、幾人もの犠牲者ぎせいしゃが出たというし。 沖田雅『先輩とぼく 02』より引用
  • でも、どうせご主人は後何か月かでくなるところだったわけでしょう? 赤川次郎『過去から来た女』より引用
  • 母が亡くなり姉が結婚して家を出て行った後、父と2人で暮らしている。
  • 雅彦の亡くなったのは二日前だが、記事は今日の夕刊に掲載されていた。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • 高瀬さんが亡くなって長い歳月がたったいまも京都で営業を続けている。 豊田勇造『対談・12年目の大文字が燃える京都で』より引用
  • 望みがあるのは忠有さんだけなんですが、忠有さんはもう亡くなってます。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 私は貞子と結婚して、亡くなった妻以外の、女の体を知ったわけである。 外村繁『澪標』より引用
  • パズルという言葉を使ったけれど、実際亡くなってしまった人もいるし。 江川卓『たかが江川されど江川』より引用
  • だがくなった夫人との間では君は実に馬鹿げたことをやったものだ。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 二人とも、あの人が亡くなって、肩の荷がおりた思いだったに違いない。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • ですから、亡くなったとき姉ひとりだったことには間違いございません。 ドイル・アーサー・コナン『まだらのひも』より引用
  • 次へ »