亜鉛合金

51 の用例 (0.00 秒)
  • 製品の材質は亜鉛合金が主流で、ダイカスト製法により製造されている。
  • 完成品の材質は主に亜鉛合金で、ダイカスト成形にて製造されている。
  • 電動車両は木製ではなく亜鉛合金製となっているが、それ以外は木製シリーズのまま。
  • マガジンはフロンガスの温度上昇の伴う圧力上昇に備えて肉厚の亜鉛合金製とされかなりの重量があった。
  • 亜鉛合金製のZ合金に対して本商品はプラスチック製である。
  • ダイカストの地金には亜鉛合金が広く用いられている。
  • 例えば亜鉛合金のザマック3は常温ではよい展延性を示すが、零下になるとわずかな衝撃荷重で脆性破壊される可能性が高くなる。
  • 子供たちが手にとって遊べる玩具として開発されており、亜鉛合金を用いたダイカストパーツを多用した頑丈な商品である。
  • そのため亜鉛合金を用いたダイキャストパーツを多用した頑丈な商品だったが、プロポーションやデザインは玩具としてのアレンジがなされている。
  • 一般に亜鉛合金のダイカストで作られた。
  • また衝撃が少ないため、耐久性に乏しいが安価でかつ大量生産に向く亜鉛合金ダイカストをフレームに使用することができる。
  • かつてのOOゲージ製品は純度の低い亜鉛合金を使用していたため、劣化が酷かったが、後年になりプラスチック製品も発売した。
  • 車両は射出成形によるプラスチック製で、機関車などの動力車にはダイカスト成形による亜鉛合金製のパーツを使用している。
  • 一般的にはプラスチック製や亜鉛合金製が多いが、ウレタン樹脂やホワイトメタル、真鍮などを使った製品も存在する。
  • 従来の「知恵の輪」と呼ばれるもののほとんどが複雑に曲げられた針金で構成されていたのに対し、このキャストパズルは材質として亜鉛合金を採用し、鋳造によって成型され製造される。
  • 合金玩具の売れ行きは各社とも良かったが、亜鉛合金を用いるダイキャスト生産は多額の設備投資を必要としたため、経営悪化の状態は変わらなかった。
  • 車両は主に射出成形によるプラスチック製で、動力車にはダイカスト成形の亜鉛合金製パーツも採用されている。
  • その後、樹脂に亜鉛合金や鉄などの金属粉を混合したヘビーウェイト樹脂が開発され、プラスチック製モデルガンの欠点であった軽さと手触りの問題が解決された。
  • 一例として、回収された使用済み乾電池は、資源化施設に運ばれた後製錬され、亜鉛合金、電気亜鉛、鉄等に再資源化される。
  • アメリカのマテルが1968年9月7日に発表した亜鉛合金製ダイカスト成形のミニカーのシリーズである。
  • 次へ »

亜鉛合金 の使われ方