五月雨

全て 名詞
580 の例文 (0.01 秒)
  • 軽微な損傷を受けたのは護衛にあたっていた第二駆逐隊の五月雨である。 ...
  • これをもって五月雨は完全に放棄され、艦長以下乗組員は竹に救助された。 ...
  • 真九郎の住む五月雨さみだれ荘は、駅から徒歩十分ほどの場所にある古いアパート。 ...
  • 所謂五月雨のやうなものは日本の中でも北海道にはもうない位の特産物である。 ...
  • 五月雨荘は、造りは古いが設備はしっかりしており、台所の火力は十分。 ...
  • 五月雨の生存者は竹に移乗してフィリピンへ向かい、セブ島で下艦した。 ...
  • 五月雨さみだれ荘の暮らしにおおむね満足している真九郎だが、不満を感じている点もあった。 ...
  • 家の外では音もなく五月雨さみだれが降り始めていた。 ...
  • あれだけ疲れているのは、五月雨さみだれ荘に来る道中に苦労があったということだろうか。 ...
  • 五月雨の頃、兵部卿宮から玉鬘に文が届き、源氏はそれに返事を書かせた。 ...
  • 五月雨荘の各部屋には貧弱な鍵しかないが、防犯という意味では鉄壁。 ...
  • 五月雨に降りこめられたつれづれにうたたねをしている人がある。 ...
  • おりから五月雨時さみだれどきのひくく垂れこめた空から、いまにも雨が落ちてきそう。 ...
  • 制作局の作業能力を睨みつつ、原稿の出の早い面から五月雨さみだれ式に降版していく。 ...
  • 背中の温かさを心地良く感じながら、真九郎は五月雨荘へと急いだ。 ...
  • 実際は五月雨さみだれの落雷をおそれて、避雷針の代わりに利用したのかもしれない。 ...
  • 一水戦で第一次の突入中止を遺憾とした者は、五月雨さみだれ駆逐艦長だけであった。 ...
  • 次へ