五月晴

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • そのように気持のいい五月晴の一日だった。 ...
  • 六月十八日晴 五月晴というのは青葉繁れる五月の快晴のことだと思っていた。 ...
  • 五月晴とは、6月の梅雨時に見られる晴れ間のこと。 ...
  • それから四、五日たった、まばゆいばかりの五月晴さつきばれの日、浦辺と久夫は、中里家の客間でみちと勇介と向い合っていた。 ...
  • 「五月晴」をサツキバレと読む場合は陰暦の呼称だが、この詩の五月は、梅雨の晴れ間ではない。 ...
  • 明くる日、十二ひとえの小宮山佳鈴を載せた御腰輿およよを中心に、前回よりもはるかに規模が大きく、きらびやかに仕立て上げられた斎王の群行が、五月晴さつきばれの空の下、鈴鹿峠の古い街道を下って行った。 ...
  • 若葉といひ、松のしんといひ、うちけぶつた五月晴の空といひ、そんなことを思ひ浮べると、どうしてもこれらの深山の鳥の啼く聲が身に浸み響いて來てならない。 ...