五十七歳

全て 名詞
144 の例文 (0.00 秒)
  • 五十六歳と五十七歳の農民は、当時のことを断片的ながら覚えていた。 ...
  • 天保六年じゆん七月十三日に歿したとすると、此時五十七歳であつた筈である。 ...
  • 五十七歳といえば当時の人間にとってすでに老境である。 ...
  • 新社長に選ばれた山下は、ソニーの岩間和夫と同じ一九一九年生まれの五十七歳。 ...
  • 二十六名の委員の最年少が五十七さい、最高が九十歳、委員の平均年齢が六十九・五歳だ。 ...
  • 夫人はそのとき、五十七歳でしたから、ずいぶん晩年になってから、ものを書きはじめたわけですね。 ...
  • 彼が細川忠利から宅地をもらって、安住の日を得た時は、もう五十七歳だった。 ...
  • 秀吉五十七歳の老後の子だから、さすが曠世こうせいの英雄もその愛情はほとんど盲目的であった。 ...
  • 昭和四十六年 一九七一年〈五十七歳〉 東京大学文学部講師になる。
  • 五十七歳にしてようやく心が不惑を覚悟した。 ...
  • 彼女は生涯結婚せず、ボストンで生活を父と共にし、一八八八年三月、父の死を追うように五十七歳で世を去った。 ...
  • 彼が細川忠和から宅地をもらつて、安住の日を得た時は、もう五十七歳だつた。 ...
  • 並木は五十七歳だが、銀髪を七三に分け、風貌ふうぼうも柔和で一見紳士然としている。 ...
  • 十七年前は記者生活の不摂生が肩で息をさせたが、今回は五十七歳という年齢が脈拍数を何割か増加させているようだった。 ...
  • 被害者の一人が、五十七歳の岩手県出身者であることを新聞記事で知り、私は一瞬、この男と同一人物ではないかと気になった。 ...
  • 顔には、もう五十七歳のしわが深くなっていた。 ...
  • 常務が五十七歳だからサラリーマンとしては順調な出世といえる。 ...
  • 次へ