五勇士

12 の用例 (0.00 秒)
  • 五勇士はいずれもそのむかしの戦場のつわものだ。 海野十三『大空魔艦』より引用
  • なお、四魔将と区別する時、全員の総称として「五勇士」と呼ばれることがある。
  • つまり、わが文壇五勇士は、陸軍特別大演習の陪観の栄に浴したのである。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 五勇士の戦士達は、烈火・金剛・光輪・天空・水滸と呼ばれることがあること。
  • 松川隊の五勇士は、思いのほかやすやすと根拠地の中に入った。 海野十三『大空魔艦』より引用
  • 最後は、この第二点と関係するが、陸軍特別大演習の観戦行に参加した文壇五勇士の四人が、いずれもペン部隊に参加しているという事実である。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 近年では日露戦争時に敵バルチック艦隊の船影を認めた5人の漁師が、宮古島から通信設備を備えた石垣島までをサバニで漕破し、その存在を伝えたとされる久松五勇士の活躍が有名である。
  • 五勇士はそこでちりちりばらばらになった。 海野十三『大空魔艦』より引用
  • イムナジア国のアクァス、ナリス、ルース達は再び人の前に現れた龍神族の伝説の龍神族五勇士と出会い、邪神族と戦うことになる。
  • 久松五勇士は、日露戦争時に行われた日本海海戦に先立ち、バルチック艦隊発見の知らせを宮古島から石垣島に伝えた5人の漁師の呼び名である。
  • 軍事色の強い話題だけに、戦後、教科書から姿を消すと本土では瞬く間に忘れ去られていったが、宮古島や石垣島では依然として郷土の英雄という評価は揺るがず、石垣島のには「久松五勇士上陸之地」の石碑が、宮古島にはサバニを5本の柱で支えるコンクリート製のが建てられた。
  • なお、鎧擬亜の五勇士分は、後、『MESSAGE』にて変化を遂げ、更に戦国甲冑に近い形になった。