五八六年

17 の例文 (0.00 秒)
  • 五八六年の出来事である。 ...
  • この邸の築造命令が出たのは一五八六年の冬、そして翌年の九月一三日に秀吉は大坂城を出て聚楽第に移った。 ...
  • だからこそ、一五八六年に金森長近が高山城を築いたときから、文化開発に力がそそがれた。 ...
  • イギリスの詩人フィリップ・シドニーは一五八六年戦死したが、死の間際に与えてくれた水を、こう言って別の瀕死の兵士に譲ったという逸話がある。 ...
  • 妻メアリが相続した財産も手放すようになり、ついに一五八六年には助役の職も剥奪はくだつされるにいたった。 ...
  • 一五八六年『随想録』第三巻の稿を書き始める。 ...
  • この作戦は松浦側の敗北に終わり、以後、松浦領内へのポルトガル船入港は、一五八六年の一度を除いて絶えてしまった。 ...
  • 「ええ」 朝食用には、一五八六年に創業したというパリの老舗サン・ルイのクリスタルを使っている。 ...
  • ソロモン王の神殿は紀元前五八六年のネブカドネザル王によるエルサレム攻略の際、焼かれて破壊された。 ...
  • ピュティア祭は、八年目ごとに催され、前五八六年からはオリュムピア競技の翌年におこなわれるようになった。 ...
  • クエリヨは一五八六年三月六日に神父四人イルマン三人を同伴して長崎を出発し、平戸、下の関を経由して東上した。 ...
  • 前五八六年のユダ王国の滅亡と、それとともに始まったバビロニア捕囚の時代から数えて六百年の長い間の不運の連続のために、ローマ時代のパレスティナのユダヤ人は、欲求不満がこうじて、ヤハヴェ神のめいを受けた民族解放の王者の出現を熱望するようになっていた。 ...
  • しかし、ベアトリス・ルルワによれば、一五、一六世紀のスペインのユダヤ人は、彼らの最も古い先祖が新バビロニアの王ネブカドネザルによる神殿およびユダヤ王国破壊の後、すでに紀元前五八六年頃、祖国エルサレムからこのセファラデの地に逃れてきていたという歴史的な事実を、とくに重要視して語っていたという。 ...
  • その上、あくる一五八六年から八七年にかけては、モンテーニュの城館のあたりも、しばしば戦場となり、さらにペストの流行も身近にせまってきたので、彼は老いたる母や、妻や娘をひきつれて、ここかしこと健康な宿りを求めてさすらい歩かなければならなかった。 ...
  • マルゴは、馬丁頭ばていがしらのオーヴィニャックを愛人にして、オーベルニュの山岳地帯を転々とし、ようやくカルラに落ち着いたが、一年後の一五八六年の十月にカルラを出てイボワの城に着いたとき、アンリ三世の命を受けたユソンの司令官カニャックに逮捕され、険しい山の頂上にあるユソンの城に幽閉された。 ...
  • 前五八六年、新バビロニアのネブカドネザル王がイェルサレムを攻め落とし、ヤハヴェの神殿を破壊し、ユダ王国の民をバビロニアに連れ去った。 ...