五センチ四方

18 の用例 (0.00 秒)
  • スイス製の特殊カメラで撮影した、二十五センチ四方の精密写真だ。 安部公房『方舟さくら丸』より引用
  • およそ五センチ四方の生地についた通信機を、手の中ににぎりしめる。 野尻抱介『クレギオン 7 ベクフットの虜』より引用
  • 開店するのを待ちかまえて、五センチ四方の旅券用写真を撮って貰った。 深田祐介『スチュワーデス物語』より引用
  • その上に、五センチ四方くらいの液晶の表示画面と、いくつかの操作ボタンが配置されていた。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 比嘉は両手で五センチ四方のサイコロ型を示しながら頷いた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 長い引っき傷は曲線をえがき、やがて五センチ四方の模様になった。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • 十五センチ四方くらいの黒いやつだ。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • だが、単に金庫内が異常高温になるのをふせぐためのもので、わずか十五センチ四方のものだぜ。 山田正紀『贋作ゲーム』より引用
  • 五センチ四方ほどのナイロンパックで、フチがギザギザになっている。 わかつきひかる『AKUMAで少女 02 ~嵐を呼ぶ転校生~』より引用
  • ドアは閉じられたままで、鉄扉の下端三十センチの位置にある十五センチ四方の食器口と呼ばれる窓から配膳はいぜんされる。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • 絶望した魂の奥底で、たとえ百年つづいてもいいから、この六十五センチ四方の空間で生を終えることができるようにと、天に祈った。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用
  • 十五センチ四方ほどの穴だ。 森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』より引用
  • 最大サイズでもせいぜい十五センチ四方なので大型のアイテムは入れられないが、アクセサリ程度なら幾つか収納できる。 九里史生『SAO Web 外伝05 圏内事件』より引用
  • 五センチ四方くらいだった。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • ジョウは上着のポケットから、五センチ四方ほどの薄い、プラスチックケースを取り出した。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ05 銀河帝国への野望』より引用
  • 明日の朝、料理店のフーケの前の写真屋で五センチ四方の写真を最低、二枚、スピード仕上げで撮って貰う。 深田祐介『スチュワーデス物語』より引用
  • 五センチ四方の小さい土器片が点々と散らばって見つかった。 相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』より引用
  • 席を立ち、居酒屋の薄汚い和式便所でしゃがみ、頭上にある窓からのぞく十五センチ四方ほどの夜空を眺め、こういう場でいつも調子に乗るハダの騒ぎ声がここまで響いてきて本当にうるさいし、のぶちんを待っている自分も哀れな老犬みたいでかなしいので、帰ろうかと思って立ち上がる。 角田光代『あしたはうんと遠くへいこう』より引用

五センチ四方 の使われ方