互いに相容れない

18 の用例 (0.00 秒)
  • この二つのものはしかし必ずしも互いに相容あいいれないものではないように私には思われるのである。 寺田寅彦『映画雑感(Ⅰ)』より引用
  • なおこれら二つの接近方法は互いに相容れないものであるというよりも、同じものを求めるための出発点の違いということができる。
  • 環境問題全体の対策を考える上で、ある問題への対策が他の問題に悪影響を与えたり、それぞれの環境問題への対策が互いに相容れないものであることもある。
  • マニ教徒は精神的世界を善とし物質的世界を悪とし、2つは互いに相容れない対立のうちにあるとしたのであった。
  • 互いに相容れない価値観をぶつけ合いながらも、8年間ともに任務を続けていた。
  • 互いに相容あいいれない性格なのであろう。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用
  • 非ユークリッド幾何学の発見により、互いに相容れない前提にもとづく様々な数学の体系がありうる事が認識されるようになった。
  • もっとも、立川の遊び人と成城の資産家の息子では、互いに相容あいいれないのも無理はないが。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 蓋し常識的な態度は、互いに相容れない二つのテーゼを平気で並べておいて顧ないということを、その特色の一つとする。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 無理な強弁の部分を慎重に避けて読むならば、『モーセと一神教』が示しているのは、歴史は複数存在する、あるいは、質的に異なり互いに相容れない複数の歴史意識・歴史感覚が一個の人間のなかに存在しうる、ということなのだ。 フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』より引用
  • 顕教と密教、自力門と他力門など互いに相容れないように見える教義がひとつの宗教にあることは不思議なようであるが、もちろんすべての宗派に共通しているのは仏教の証しとされる三法印である。
  • また、「パキスタン構想」を信念としたがゆえに、暗に他の宗教共同体とムスリムとが互いに相容れないものだという考えを支持していたとの批判もある。
  • 彼女はまた霊と肉と、互いに相容れない二つの部分に分れている人間の身の上を、各自が自分のうちにいだいていながら、他人にそれをゆるさないこの悲惨事を、泣いた。 ケッセル/堀口大學訳『昼顔』より引用
  • 一般的には伊賀と甲賀は互いに相容れない宿敵同士というイメージがあるが、これは誤解であり、一つ山を挟んだ言わば隣人同士で争いあっても何の得も無い。
  • 与党は単純小選挙区制を柱とする改革案を決定し、社会党・公明党は比例代表を重点とする小選挙区比例代表併用制案をまとめ、3月から4月にかけて双方の法案が国会に提出されるが、これには互いに相容れない案を主張することで対決を演出し、どちらも廃案に持ち込もうという暗黙の意図があった。
  • 対立形質とは、古典的な遺伝学において「個体にみられる遺伝形質の中で、互いに相容れない」形質を指す。
  • この論争は文芸評論史で幾度となく再出現し、また古典主義とロマン主義、キュビスムと表現主義のような互いに相容れない潮流を数多く生み出した。
  • 互いに相容れない2人のイデオロギーは、いわゆる「征韓論」を以って衝突する。