云って聞かせる

18 の例文 (0.00 秒)
  • おれの方から云って聞かせてもいいが、それじゃあおめえの為にならねえ。 ...
  • おめえだから云って聞かせるが、師匠は蛇が殺したんじゃあねえ。 ...
  • 同時にその関係を後からお延に云って聞かせてやりたくなった。 ...
  • そんな人間にはイクラ云って聞かせる者が居てもわからない。 ...
  • お松もとると十六になるのだと姉が云って聞かせた。 ...
  • どうしてああ強いのだか全く分りませんと、さもあきれたように云って聞かせた。 ...
  • 彼の云うことは、まさしく前の月わたしがマルスリイヌに云って聞かせたことなのだ。 ...
  • おれはおとなしくおめえに云って聞かせるのだ。 ...
  • 私も死をしているのであるから、あなたもその気におなりなさいと、私は夫にそう云って聞かせるのが目的であった。 ...
  • これは岸駒がんくじゃない岸岱がんたいだと父が宗助に云って聞かせた事があるのを、宗助はいまだに記憶していた。 ...
  • 「まだ云って聞かせることがある」と、半七はあざ笑いながら云いつづけた。
  • 云って聞かせるよくお聞き。 ...
  • 娘たちは、袖を絞ったために今もなお、よくその説句もんくを覚えていると、云って聞かせました。 ...
  • じゃあ、おれの方からよく云って聞かせる。 ...
  • そこで藤兵衛は、池之端仲町の相生屋で聞いた話を云って聞かせた。
  • 云って聞かせて下さい。
  • 君には分からないから云って聞かせるが、偉大な思想は僕を《えん》よくさせる。 ...