二等大尉

75 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は二等大尉の後をつけて、声をかけようという気にはならなかった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 二等大尉はこの彼女の変化に気づいて、疑問に思って胸を痛めていた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 全く二等大尉の住まいはなんのことはない、純然たる物置小屋であった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 「私はお兄さんを起訴しようかとも思いました」と二等大尉は語をついだ。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • 二等大尉の家の食事もそこでつくっていたのである。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二枚の紙幣は二等大尉に恐ろしい印象を与えたらしかった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • そこへ二等大尉が煮た牛肉をひときれ持って駆けこんで来た。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉の住居は事実ただの物置小屋にすぎなかった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • 二等大尉は玄関を抜けて、まっしぐらに家主の家へ飛んでいった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉はまたしても興奮のために、前後を忘れたかのように、熱心に述べるのであった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 朝からずうっと医者の来るのを待っていた二等大尉が大急ぎで門のそばまで医者を迎えに飛んでいった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉は首をのばして唇を突き出しながら、興奮した青い顔をして立っていたのである。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 二等大尉はちょっと顔が赤くなった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 二等大尉は突然声をあげて泣きだしたかと思うと、いきなり裁判長の足もとに倒れふした。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉などにいたっては、まるですっかり小さな子供に返ったようなぐあいだった。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • アリョーシャは、ともかく、二等大尉の家へ行く前に兄のもとに立ち寄ることにした。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • しばらくすると、二等大尉ももどって来た。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉が言いかけた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉は医者にむかってひどくひくく腰をかがめた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 二等大尉はまっしぐらにコーリャを迎えに飛んで出た。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』より引用
  • 次へ »