二宮敬作

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 代表として高野長英・二宮敬作・伊東玄朴・小関三英・伊藤圭介らがいる。 ...
  • 開業医二宮敬作の養女いねは17歳の明るい娘に成長していた。 ...
  • ただし宇和島藩関係者の証言では、益次郎はシーボルト門人で高名な蘭学者の二宮敬作を訪ねるのが目的で宇和島に来たのであり、藩側から要請したものでないという。 ...
  • アレクサンダーは二宮敬作やその弟子の三瀬諸淵、さらには近所の僧侶からも、習字も含め日本語を学んだ。 ...
  • 資料については叔父ハインリヒ・フォン・シーボルトの子孫でシーボルト研究家の関口忠志を中心に設立された日本シーボルト協会、子孫及び研究者より資料を委託されたシーボルト記念館、イネの師で鳴滝塾生である二宮敬作の出身地愛媛県西予市の資料館が研究を進めている。 ...
  • そして1855年、遠縁の医師二宮敬作の弟子となり、その際、二宮の元にいた長州藩の村田蔵六からオランダ語を学び、蘭学に関心を抱くようになっていく。 ...
  • 三瀬はシーボルト門下の医者で、二宮敬作の甥に当たった。 ...
  • 長崎へは二宮敬作が同行し、敬作からシーボルトの娘で産科修行をしていた楠本イネを紹介され、蘭学を教える。 ...
  • 大村益次郎は鳴滝塾の門下ではなかったが、門下の二宮敬作やシーボルトの娘で二宮に養育された楠本イネと親交があった。 ...
  • 文政11年、シーボルト事件が起き、二宮敬作や高良斎など主だった弟子も捕らえられて厳しい詮議を受けたが、長英はこのとき巧みに逃れている。 ...
  • その後、鳴滝塾時代の同門・二宮敬作の案内で伊予宇和島藩主伊達宗城に庇護され、宗城の下で兵法書など蘭学書の翻訳や、宇和島藩の兵備の洋式化に従事した。 ...
  • シーボルトの信任篤く、シーボルトが長崎を退去する際には、二宮敬作と共に遺児の楠本イネの養育のことを託された。 ...
  • イネは、シーボルト門下で卯之町の町医者二宮敬作から医学の基礎を学び、石井宗謙から産科を学び、村田蔵六からはオランダ語を学んだ。 ...
  • 鳴滝塾では、高野長英、二宮敬作、伊東玄朴、戸塚静海など50人以上が学んだ。 ...
  • 文政年間にはシーボルトが日本を訪れ、1824年、長崎郊外に鳴滝塾を開いて高野長英や小関三英、二宮敬作、伊東玄朴、戸塚静海らに蘭方医学や自然科学などの諸学を講じた。 ...