二十七八

191 の例文 (0.00 秒)
  • 新造のお君は二十七八の美い女で、男女二人の母親とも見えぬ若さです。 ...
  • 自分では三十二と云っていたが、二十七八ぐらいにしか見えなかった。 ...
  • それは映画俳優にでもありそうな立派な男で、年は二十七八にもなろうか。
  • 明治二十七八年の頃K市の県立中学校に新しい英語の先生が赴任して来た。 ...
  • 私は始めて見たのであるが、森本は二十七八の色の白いい男であつた。 ...
  • 年の頃は二十七八、どうかしたらもう少し老けてゐるかも知れません。 ...
  • 日比谷公園のバラックの中に、子供二人を持った二十七八の婦人があった。 ...
  • そこには晴々しい笑顔をうかべた二十七八歳と思われる青年の顔がありました。 ...
  • 二十七八だが、死ぬと、人間の首ってものは、十ぐらい齢をとるんだ。
  • 二十七八歳、むっつりした好青年で、何んとなく重厚な感じがあります。 ...
  • 嵯峨さが臨川寺りんせんじの本堂前も、二十七八年前からそういう苔庭になっている。 ...
  • 先刻、寺から帰って来たと言った、二十七八の滑らかな感じの男です。 ...
  • 恰好かっこうも三十七歳といえばそうも見えまた二十七八歳のようにも見えなくはない。 ...
  • あいつは貴女あなたのことを、未だに二十七八の若奥さんのように思ってるんです。 ...
  • 二十七八に見える背の高い女が来て立っていた。 ...
  • 二十七八、どうかしたらもう少しとつて居るかも知れません。 ...
  • この月の文芸雑誌二十五六日に出て、二十七八日に送って来る。 ...
  • 次へ