二つ返事

全て 名詞
368 の例文 (0.01 秒)
  • 父親は手袋みたいにくしゃくしゃになって二つ返事で乗ってきたのです。 ...
  • イタズラ好きの彼女のことだからきっと二つ返事で協力してくれるだろう。 ...
  • 男は彼女が思いのほか美人であったため、二つ返事で働かせることにする。 ...
  • もしもこの先がいつもの行商であれば二つ返事でうなずいているところだ。 ...
  • 歓喜のあまりなんの目算もないまま二つ返事でお引き受けいたしました。 ...
  • 寅は何と思ったか、それを二つ返事で承知して、壮平爺さんを帰らせた。 ...
  • まさか王宮に戻れるとは思っていなかった真鶴は二つ返事で飛びついた。 ...
  • その記憶が私にあったからこそ発起人を二つ返事で引き受けたのだ。 ...
  • いい物とは俳優やくしやに役を割り当てて、二つ返事で承知させる事の出来る腕をいふのだ。 ...
  • 断られると覚悟していたのだが蛍は二つ返事で誘いに応じてくれた。 ...
  • という破格に条件の良いものだったので、啓太は二つ返事でOKを出した。 ...
  • 避けられない仕事だとしても、二つ返事で引き受けたくはなかった。 ...
  • 朝晩二食の賄付が望ましいといわれると、それも二つ返事で引き受けた。 ...
  • おそらくこの少年は二つ返事で承知するだろうと外山は思った。 ...
  • NHKから声をかけられた時、二つ返事で敦煌行きを承諾した次第である。 ...
  • ゲームファンでもあった松崎も、この仕事を二つ返事で引き受けている。 ...
  • 田舎のネズミは二つ返事で承知すると連れだって町へと向かった。 ...
  • 次へ