二〇六号

17 の例文 (0.00 秒)
  • 二〇六号室の部屋にはいる前に、一階の入口にある管理人室のブザーを押した。 ...
  • 二〇六号室は一番おくの左側の部屋であった。 ...
  • 香具山紫子の部屋は二〇六号室で、練無の向かいの西側になり、表からは見えない。 ...
  • 二〇六号室は一番、端の部屋であった。 ...
  • 二〇六号室の前まで来て、ちょっと首をひねった。 ...
  • 外科病棟、つまり三病棟二〇六号室が、これから暮す部屋だった。 ...
  • 気づかれることなくナースステーションの前を通りすぎ、二〇七号室の前をすぎ、二〇六号室の前を通りすぎ、用具室とトイレも通りすぎ、ようやく階段にたどりつくと、それを一段一段上った。 ...
  • 陽光荘の家主に解剖後、保存されていた死体の確認を依頼したところ、二〇六号室の入居者鮫川正之であることを認めた。 ...
  • 階下の二〇六号室。 ...
  • 二〇六号室の山野省造しようぞうは四十五歳、不動産業を営んでいる。 ...
  • 代々木よよぎ署から連絡を受けた厚木署から捜査員が笹塚に出向いて、代々木署員と共に陽光荘二〇六号室を調べたところ、室内は生活をつづけていた痕跡があり、帰って来るつもりで短時間の外出をしたという模様であった。 ...
  • パトカーで警察官が現場に駆けつけ、休業中のモーテル「ルミネッサンス」を検分すると、駐車場に放置されていた練馬ナンバーの一台の車と、二〇六号室で殴殺された男と、返り血を浴びて現場に倒れている加害者らしい男を発見した、と言うのであった。
  • 渋谷しぶや笹塚ささづか三丁目のアパート「陽光荘」の家主から、二〇六号室の入居者鮫川正之さめかわまさゆきが、約一ヵ月前から荷物を部屋に放置したまま帰宅しないが、報道されたモンタージュ写真に似ているという届けが管轄署に出された。 ...
  • 葉山がモーテル「ルミネッサンス」に着いた時、狙いすましたように受付に電話をよこして二〇六号室に誘いだし、殺人の嫌疑けんぎをかけようとしたのも、あの森田美紀だった可能性が高い。 ...
  • 中野誠六の部屋の左隣りの二〇六号室の前で立ちどまり、ショールダー・バッグから盗聴器を取出してスウィッチを入れ、マイクをドアに押しつける。 ...
  • 「鮫川正之、渋谷区笹塚三丁目、陽光荘二〇六号と言えば、たしか厚木署の山中から発見された被害者ホトケじゃなかったかな」 と有馬ありま刑事が言い出した。 ...