事業参照モデル

14 の用例 (0.00 秒)
  • 最も知られた事業参照モデルは、米国連邦政府の事業参照モデルである。
  • 事業参照モデルは、組織の事業運営を記述する手段である。
  • 事業参照モデルは、一つの組織の事業運営を、それらを実行する組織的構造とは独立に記述する手段である。
  • 事業参照モデルは、連邦政府の日常の事業運営を記述するため階層的に構成される、組織化を提供する。
  • 一つの事業参照モデルは、それらを遂行するから独立した、一つの組織の事業運営を記述する手段である。
  • 事業参照モデルの他のタイプは、事業プロセス、事業機能、及び事業領域 の参照モデルの間の関係性をも描く。
  • 右側の図は、事業プロセス、事業機能、及び事業領域の事業参照モデル間の関係性を描いている。
  • 事業参照モデルの他のタイプは、事業プロセス、事業機能、及び事業領域の事業参照モデル間の関係をも描き出す。
  • 事業参照モデルは、事業体、サービス組織、あるいは政府機関の中核事業の機能的及び組織的側面に着目した、一つの参照モデルである。
  • FEAにおける事業参照モデルは連邦政府の事業運営を、それらを実行する機関と独立に、記述するための機能駆動的なフレームワークである。
  • 事業参照モデルは、それを実行する機関、部局、及び事務所と独立なその内部の運営やその市民へのサービスを含む、連邦政府の事業ラインの機能的ビューを促進する一つの枠組みを提供する。
  • 事業体工学における事業参照モデルは、エンタープライズアーキテクチャフレームワークの一部である。
  • 事業参照モデルのもう一つのタイプは、ビジネスプロセス、事業機能、及び、事業領域間の関係性を描き出すことである。
  • 事業体仕組における事業参照モデルは、事業体仕組と関連した構造とビューをどのように組織化するか定義する、事業体仕組フレームワークあるいは仕組フレームワークの一部である。