事新し

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 僕は芸術と民衆との関係に就いて、ただいま事新しく教えられたような気がした。 ...
  • そしてこの女がやはりあたり前の女であったことを、事新しく感じていた。 ...
  • それによって事新しく縁が結べてくるとは思えないではないか。 ...
  • 工業における応用も事新しく述べるまでもない事である。 ...
  • よくよく猫を観察すれば人間の女を事新しく観察する必要がいらないのではあるまいかと思うほどである。 ...
  • 事新しく民藝の意義を今日述べねばならないほど、その美が少しより認められてはいないのです。 ...
  • もちろんそれは事新しい現象ともいえないが、この世界ではそれが徹底しているのだ。
  • 母は、もう吾家で読み慣れてゐたからどの説明書きも暗誦してゐたが、これは又事新し気に朗読した。 ...
  • いずれも事新しいだけに賢明な皆さんのまえで、この言葉の説明の必要はあるまいと思われる。 ...
  • 歴史的行動や歴史記述すらが現代を座標の原点としなければならないと云うこと、それを事新しく云う必要があるだろうか。 ...
  • もっとも、こんなことはいまさら、事新しくいうまでもないことかもしれないわね。 ...
  • わたしは、事新しく眺めるには、彼女を知り過ぎていたのだ。 ...
  • 彼は使うだけ使って今になり事新しく自分にお寺へ行けと命ずる大村が憎くてさえならなかった。 ...
  • 茶山が山陽を如何に観てゐたかと云ふことは、事新しく言ふことをもちゐない。 ...
  • 受賞した横光・室生が事新しく批判されることはない。 ...
  • これは事新しく説明するまでもない。 ...
  • いまさら事新しくうたわなくても常識になっていることである。 ...