事が起り

34 の用例 (0.01 秒)
  • けれども、いつどんな事が起るまいものでもないとは常から考えていた。 夏目漱石『それから』より引用
  • と、この三度めの声のまだ消えるか消えぬうちに、おどろくべき事が起った。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの叡智』より引用
  • 予言する人たちの眼には恐しい事が起って拡がって行くのが見えていた。 松村みね子『女王スカァアの笑い』より引用
  • けれども、いつんな事が起るまいものでもないとは常から考へてゐた。 夏目漱石『それから』より引用
  • これは一見まことに気楽な光景であるが、実は恐ろしい事が起っている。 小林秀雄『考えるヒント 3』より引用
  • 時の立つうちにどんな事が起ろうかと青くなり赤くなったという話である。 寺田寅彦『話の種』より引用
  • あなたはどういうところから、こうした事が起るのを期待していたの? カー/長谷川修二訳『青銅ランプの呪い』より引用
  • 夫婦ともに、又太郎の身に何か危害の事が起ったと感じたのである。 池波正太郎『雲ながれゆく』より引用
  • もし何か事が起った時、私は夫にむかってこう開き直ることは出来ないのだ。 森瑤子『スクランブル』より引用
  • もし旅先で報道するに足るような事が起ったら、君の所へ手紙を上げると。 夏目漱石『行人』より引用
  • それというのは、或る冬の一夜のこと、われらの間に或る事が起ったのじゃ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 10』より引用
  • あとできっと心配事が起って来るよ、あの子供は今年十五だし、娘は十二だ。 ド・ラ・ラメー・マリー・ルイーズ『フランダースの犬』より引用
  • 私の周囲には種々の事が起っては消えて行って居るのである。 宮本百合子『日記』より引用
  • 嘘にも、そんな事を云って、事が起ったら子供たちはどうするの? 泉鏡花『婦系図』より引用
  • しかも、そのあと、彼らに下手人を追うことを忘れさせた怪事が起った。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • 今自分にあの鼠のような事が起ったら自分はどうするだろう。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • 普通、文化と呼ばれている巨人の歩みにも、同じ事が起っています。 小林秀雄『考えるヒント』より引用
  • 不思議な具合に事が起ったというのは、そういう意味である。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • その事が起ったばかりに彼は性慾の迷路を出ることが出来るようになったのである。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • したがっていつどんな事が起ってくるかも知れない。 夏目漱石『私の個人主義』より引用
  • 次へ »

事が起り の使われ方