予め

全て 副詞
2,276 の用例 (0.01 秒)
  • だが実はこの結びつきに予め注意を払わねばならぬものがあるのである。 戸坂潤『現代科学教育論』より引用
  • 予め用意されたカラーパターンの中で機体の色を変更することも出来る。
  • 予めというのは本が出た頃には僕はもう東京に帰って来ていたからだ。 福永武彦『第三随筆集 枕頭の書』より引用
  • それはすべてが始まった時にあらかじめ定められていたことのように思えた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 元来犯罪者と云うものは、そう云う点にはあらかじめ用意があるものだからね。 小栗虫太郎『聖アレキセイ寺院の惨劇』より引用
  • 当然、これらの特殊な操作は、予め演奏前に行っておくのが原則である。
  • 父は予め私の来るのを知っていて、涙を流して私に意見を加えました。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • 二人が自分の祝福を必要としないことを予め理解しているかのように。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • 併しそのためには予め科学に二つの種類を区別しておくことが必要である。 戸坂潤『イデオロギーの論理学』より引用
  • 民衆はこれが生中継だと信じているが、あらかじめ用意されたものかもしれない。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • それは地獄へちることをあらかじめ知っていた顔ではなかったのだろうか。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • また過誤のあった時、分疏ぶんそをするために予め地をなして置くのでもない。 森鴎外『不苦心談』より引用
  • コロンブスは既に予め副王としての活動を開始したのであると云ってよい。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • タクシーを使うのも避けたいので、予めレンタカーを借りているはずだ。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • 私はあらかじめファックスで帰ってくることをちゃんとご連絡したんですよ! 有沢まみず『いぬかみっ!10』より引用
  • 之れ余が日本文学史骨を著はすに当りて、あらかじめ読者に注意を請ふ一なり。 北村透谷『明治文学管見』より引用
  • 一人ごとにぼくが約三分の一をあらかじめ切って用意しておくのである。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 可能だとしても、遠坂のように予め触媒を作っておく以外にないだろう。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • それとも、亜は丘本の知らないような事実を、あらかじめ知っていたのだろうか。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • これは事実という第一の物が一元的でないという事をあらかじめ許すからである。 夏目漱石『教育と文芸』より引用
  • 次へ »