乾龍介

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ナレーションにはABCアナウンサーの鳥木千鶴と乾龍介が起用された。 ...
  • 歴代のコメントは安部憲幸・乾龍介らが担当していた。 ...
  • 朝日放送アナウンサー・乾龍介がメインパーソナリティをつとめ、各種情報をわかりやすく紹介していた。 ...
  • 乾龍介が平日版の司会を務めていた時期に、温泉からの生中継で温泉に浸かったまま立ち上がれなくなったことから、一時は「おき太くんが溺れた」との噂も流れた。 ...
  • 番組は1999年3月に終了し、同時間帯は乾龍介が担当する「東西南北 龍介がゆく」となった。
  • 災害時の放送再開を告げる久下のアナウンスは阪神・淡路大震災後に開始されたもので、それ以前は乾龍介の部分で最後にコールサインを告げる前に「なお、早朝の放送はからお送りします」とコメントしていた。 ...
  • 日替わりでタレントらが担当する「歌謡曲-」を変わって、当番組は乾龍介アナウンサーをメインに据え、乾の軽妙洒脱なトークに加え、聴取者からのハガキ紹介や生活情報、さらにニュースや天気予報、交通情報などを織り込んだ、パーソナリティー色の強い番組となった。 ...
  • パーソナリティは元朝日放送アナウンサーの乾龍介。 ...
  • 同期のアナウンサーに戸倉信吉、乾龍介、村田好夫がいる。 ...
  • 平日版の初代司会者は乾龍介。 ...
  • 同期には乾龍介、嶋田崇彦、村田好夫がいた。 ...
  • 朝日新聞主催の映画選考委員を務めるほか、2008年3月まで奈良県奈良市のコミュニティ放送局「ならどっとFM」で月1回「乾龍介の映画試写室」のパーソナリティーを務めた。 ...
  • 当番組の初代プロデューサー・十日市啓志は、「ラジオ番組のテレビ化」を念頭に、朝日放送ラジオの『ABCヤングリクエスト』や『おしゃべり横丁ABC〜花と龍介60分〜』で活躍していた乾龍介を司会者に抜擢。 ...
  • 同期に乾龍介、嶋田崇彦、戸倉信吉がいる。 ...
  • パーソナリティは乾龍介。 ...