乱れる

全て 動詞
978 の用例 (0.01 秒)
  • 乱れる髪も頬に当たる風も、彼女を映画の中にいるような気分にさせた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • また女性陣の乱れる様が多岐に渡って描かれており、その完成度も高い。
  • われらが死ねば、ふたたび天下が乱れるようであってはならないのじゃ。 堀和久『春日局』より引用
  • 手にすることがなくなって、父も母も心の思いはいよいよ乱れるのである。 伊藤左千夫『奈々子』より引用
  • 香村つかさは髪が風で乱れるのを気にしてか、ずっと髪に手を当てていた。 井上靖『崖(上)』より引用
  • なぜそんなに乱れるのかなんて、われわれなどにはわかりゃあしないよ。 筒井康隆『原始人』より引用
  • さすがに裾が乱れるほど気がいていた様子だったが、目に涙はなかった。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • 僕がそこに一人いることによって、磁場が乱れるように空間が変貌する。 森博嗣『四季 1 春』より引用
  • 部屋に電話なんて引かせたら風紀が乱れるとでも思ってんじゃないのかな。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その2』より引用
  • 外国からの参加チームも多数あり、多国籍入り乱れる乱戦状態となった。
  • 数十年間平和だった地が乱れるのは大鳥にとって堪えられないことだった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 4 東征の巻(上)』より引用
  • 風紀が乱れるのを防ぐためか、ソープ嬢予備軍の養成のためだったのか。 西沢爽『雑学艶学』より引用
  • お文も着物の前が乱れるのも構わずこちらに向かって駆けて来た。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 皇帝がこれほど公私の別がつかないのでは、国政が乱れるのは当然である。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 暑熱は人間の思惑の乱れるこの相場の街に特に内攻しているようである。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • 誰かの顔を見るだけで感情が乱れるようなこともなくなった。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用
  • ほぼ全線が交通量の多い幹線道路であるため、ダイヤが乱れる事も多い。
  • 呼吸が乱れると全体的に動きが鈍くなりフォールも奪われやすくなる。
  • 壁の近くで向きを変えるときをのぞけば、その歩調が乱れることはない。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • しかし、路線バスの免許秩序が乱れるという理由で疑問を呈されていた。
  • 次へ »