乞う

全て 動詞
2,324 の用例 (0.01 秒)
  • しかし妻に乞われて、仕方なしに出て来なければならなかったのだろう。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • ここまで細かくわたしに話したのはわたしに資金援助をうためですよ。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 二人とも孤児でしたので、それぞれの主人に許しを乞えばいいわけです。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 何故元気な時に一度帰ってきちんと許しを乞うておかなかったのか。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • その後まもなく引退したが、周勃と文帝に乞われて再び右丞相となった。
  • 今までだったら、頭を抱えて体を丸め、泣きながら許しを乞うただろう。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • 汝は姿形が劇の役に適していた、という理由で入部をわれたのだろう。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • このロードス島の歴史について、いろいろと教えを乞うつもりでいます。 水野良『ロードス島戦記 外伝「ハイエルフの森 ディードリット物語」』より引用
  • 結局、あの晩、井上奈緒美は最後まで彼に許しを乞うたりはしなかった。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 私はひそかに神に向ってその罪の許しを乞わないではいられない。 柳宗悦『朝鮮の友に贈る書』より引用
  • 彼等はお銀様に向って憐みを乞うもののように教えを仰がんとするていです。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 話し始めて間もなく、私は自然に彼に教えを乞う立場になっていた。 神吉拓郎『私生活』より引用
  • しかし、食を乞うのが乞食だとすれば、井戸はそれ以下の存在であった。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • だから教えを乞うのではなく、隙をみて技術を盗んでこいと命じられた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • と何の神様にかは知らないが、太郎の手を取って泣いて救いを乞うていた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • そう言ってあなたに助けをうた少女を、奴隷船どれいせんに積み込んだわけですか。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第02巻 あまい罠には気をつけて』より引用
  • のみならず、倒れかかっている他の礦山やまを彼は乞われるままに買った。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • それが、結局は信長に乞われて、やむなく再び軍扇を持ったのであった。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • 歴代の王と同じように、自分もまた愛を乞うひとりの男なのだと気がついた。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 来訪時の当寺は衰退していたが、地元民に乞われて住職となったという。
  • 次へ »