九州東海辺沿海村順

17 の例文 (0.00 秒)
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると家の数は180であったと記されている。 ...
  • 伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」には家数が298であると記録されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」においては中甑村の家数は59軒であったと記載されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」には家数35と記載されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によれば平良村の家数は172であったと記録されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると家数155であった。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」では瀬上村の家数は127あったと記録されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によれば「上甑村」として掲載されており、家数は64であると記載されている。 ...
  • 江戸時代の測量家であり、日本全国を測量し地図を作製した伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によれば家数は267戸であったと記録されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によれば江石村の家数は174であった。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると家数が210であり、「伊能忠敬測量日記」によれば内ノ河内の人家は20軒程度あったと記されている。 ...
  • 江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」には川尻村と川尻浦の記載があり、家数は川尻村は77戸、川尻浦は150戸であったと記載されている。 ...
  • 伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると現在の手打の区域には手打村172戸、下甑村28戸、浜之市浦219戸があったと記載されている。 ...
  • 伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると家数は247軒あり、その内本村は122軒、坊津浦87軒、栗野38軒であり、その他に42軒があったと記されている。 ...
  • 伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると家数は297軒あり、本村40軒、泊浦85軒、茅野108軒、平原64軒、その他郷士20軒があったと記されている。 ...
  • また伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」には家数が438戸あり、そのうち本村が200戸、博多浦48戸、今村浜40戸、池15戸、塩屋57戸、末柏60戸、平崎18戸であったと記録されている。 ...