九尺二間

全て 名詞
44 の例文 (0.00 秒)
  • ちょっと九尺二間を建てるにしても、場所がいまの田畝たんぼではどうにもならず。 ...
  • 九尺二間の裏店から、百万石の大名衆の、下屋敷まで出来てるのさ。 ...
  • 似たような規模のまさに「九尺二間」の商店が軒を並べている。 ...
  • 九尺二間の自身番の小屋全体が、ゆさゆさとゆさぶられそうな勢いだ。 ...
  • 秋山では、九尺二間でも家さえ作れば、そのまま百姓になれるという。 ...
  • 通りから裏へ入ると、そこには俗に九尺二間の裏長屋という庶民の住居が密集していた。 ...
  • 九尺二間くしゃくにけんというのがこれだなと思って通り過ぎる。 ...
  • 自分のような九尺二間のあばらへ相応の家から来てくれてがあろうとも思わず、よしまた、あると仮定してうわかぶりするのはなおいや ...
  • 変な蝮屋まむしやのあるような小さな露地を入った九尺二間の長屋のずっと続いている暗い家で、近所界隈かいわいはそういうものばかりのようであった。 ...
  • 九尺二間の借家が出張所で、今日は、月の三の日にあたるので、もう朝からだいぶな客があった。 ...
  • しかも住所、職業から判断するといわゆる九尺二間長屋のような裏店借生活を営んでいた者がほとんどであると考えられる。 ...
  • 今この広告を見て実際を探りし人の話を聞くに 蠣殻かきがら町辺に事務員を求めるといふ広告があつたので、出掛けて往つて見ると、九尺二間位な小さき家に怪しい者が住んで居る。 ...
  • 「それじゃあ、空き店を順に見せるから」 新兵衛は九尺二間くしやくにけんの小さなものを最初に見せて、最後に十坪の角店に案内した。 ...
  • 形ばかりの九尺二間で、雨戸の代りにむしろを下げてある有様で、その前に立っただけで、平次は胸を打たれたような心持です。 ...
  • 下谷山崎町の九尺二間の棟割長屋に、西念という坊主が住んでいた。
  • 形ばかりの九尺二間で、雨戸の代りにむしろを下げてある有様で、その前に立っただけで、平次は胸を打たれるような心持です。
  • 彼の私宅は、大阪市の南端後宮あとみやの木賃宿の裏にあって、家の広さは九尺二間、奥二畳に、表三畳の大家屋である。 ...
  • 次へ