九二年一月

17 の例文 (0.00 秒)
  • 本作品は一九九二年一月ちくま文庫として刊行された。
  • 一九九二年一月に診断されたパーキンソン病の日々が基調となっているからである。 ...
  • わたしは一九九二年一月一二日、イリノイ州アーバナのハル工場で動作されました。 ...
  • 一九九二年一月、米ボイジャー社はパワーブック上で読む新しいスタイルの本の刊行を開始した。 ...
  • 本書は一九九二年一月に当社から刊行された単行本「消えた男」を文庫化したものです。
  • この作品は、一九九二年一月小社より単行本として刊行され、一九九五年一月に講談社文庫に収録されたものです。 ...
  • 一八九二年一月、病がこうじて、彼は咽喉を切った。 ...
  • ところが一九九二年一月になって、動画をマックで扱うクイックタイムという技術が登場してくると、レーザーディスクの存在意義はまた一段と薄れました。 ...
  • 本書は、一九九二年一月に小社より講談社ノベルスとして刊行された『誘拐狂想曲』を改題した作品です。 ...
  • なおこの作品は、一九九二年一月にカドカワノベルズより発表した『ABO殺人事件』を改題のうえ、全面的に改稿したもので、結末もまったくオリジナル版とは異なっています。 ...
  • 九二年一月、大石は言った。 ...
  • 本書は、一九九二年一月に双葉社より『「通りゃんせ」殺人事件』というタイトルで刊行されたものを、改題・加筆し、文庫化したものです。
  • ブッシュ大統領が九二年一月の訪日に際し、GM・ステンペル、フォード・ポーリング、クライスラー・アイアコッカの米ビッグスリーの会長を伴ってきたのはその辺のことを如実に物語っている。 ...
  • そして、このシリーズの原型は、一九九二年一月刊行の作品集『かまいたち』に収録されている「迷い鳩」「騒ぐ刀」の二つの短編である。 ...
  • 一八九二年一月、病がさらに昂じたモーパッサンは、ニースの別荘で咽喉のどを切って自殺をはかったが未遂におわり、早速パリ郊外パッシイの精神病院に移された。 ...
  • 本書『かまいたち』は、一九九二年一月に新人物往来社から刊行され、宮部みゆきの時代小説の単行本としては、〝本所七不思議〟に材を取り、第十三回吉川英治文学新人賞を受賞した九一年の『本所深川ふしぎ草紙』に続く、二冊目にあたる。 ...