九はい

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • 縦令一日でも秀子が俺をからかつて呉れることは俺に取つては九拝しても足りぬ筈なのだ。 ...
  • せっかくの針作君の九拝も臥薪甞胆も何の役にも立たなかったのは気の毒である。 ...
  • 三拝や九拝もあるが、これは仏式の礼であった。 ...
  • そこへ、 「お願いにござりまする」 と、九拝して伏した一武士が見えた。 ...
  • 上りはなをあがって左手から下間のに通ると、僧は内陣の中座に坐具を敷いて、ゆっくり本尊に向って九拝をつづけた。 ...
  • 魯智深は四句の偈を聞きおわると、長老に九拝の礼をし、荷物を背負い、胴巻や腹巻をつけ、手紙をしまい、長老をはじめ僧ら一同に別れを告げて五台山をあとにした。 ...
  • そのうえ、三々九度と言って、九はいのむのが本来、飲めば飲むほどおいしい。
  • 小生の境遇に対し、一片の御同情を賜わりまして私の迷える魂を安んじ賜わらむ事を、三拝、九拝してお願い致す次第であります。
  • 始め、頼朝の関八州をうちて一丸と為さむとするや、常陸の住人信太三郎先生義広、独り、膝を屈して彼の足下に九拝するを潔しとせず、走つて義仲の軍に投じぬ。 ...
  • 菓子組は、神田丸屋勘右衛門というのが、饅頭五十、羊肝七棹、薄皮餅三十をペロリと平らげて、お茶を十九はい呑んだ。 ...