乗り込むつもり

7 の用例 (0.00 秒)
  • そのマンションに深雪がいれば、たとえ罠でも自分ひとりで乗り込むつもりだった。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • それとも、途中で、乗り込むつもりでいるのか? 西村京太郎『特急「白鳥」十四時間』より引用
  • 日下刑事は、この列車を、遅らせて、青森までの間に、乗り込むつもりではないかというんだが、君の考えは、どうだね? 西村京太郎『特急「白鳥」十四時間』より引用
  • 玄瑞は、亀山砲台から近い南部なべ町の船付場に接岸している長州藩の軍艦庚申丸に乗り込むつもりである。 古川薫『花冠の志士小説久坂玄瑞』より引用
  • そこで一泊して、明朝、洛陽城に乗り込むつもりであったが、こうなってはもう睡るどころではない。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • しかし、午後三時に、鹿児島県の喜入基地から出港するマンモスタンカーに乗り込むつもりなら、飛行機を利用するより仕方がないのだ。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • その夜、戸祭隼人は、許婚者いいなずけのお縫を呼び、母と二人に、はじめて自分が明朝早く家を出て、品川にゆき、そこに碇泊している軍艦に乗り込むつもりだと告げた。 山田風太郎『修羅維新牢』より引用