乗り換える利用

13 の用例 (0.01 秒)
  • 乗り換える利用客はいったん改札口を出る必要がある。
  • 南口側には名鉄三河線が乗り入れており、両駅を乗り換える利用客も多い。
  • 駅舎の構造上、両線の改札口は別になっており、連絡改札口も設けられていないため、乗り換える利用客は一旦改札口を出る必要がある。
  • 当駅は、元々自動車で駅まで行き、新幹線に乗り換える利用形態を想定して計画された。
  • 市布経由の列車を利用するために、松山町・住吉方面から路面電車やバスでここまで来てJRに乗り換える利用者も多い。
  • 南武線の駅舎から道路を挟んだ南側に鶴見線の旅客駅があり、乗り換える利用客は一度改札を出る必要がある。
  • ホーム上には伊賀鉄道からJRに乗り換える利用客向けの券売機が設置されており、JRの乗車券が販売されている。
  • 当駅でJR線に乗り換える利用客は乗り継ぎ専用改札を通る必要があり、IC乗車券や当駅接続の連絡乗車券を所持していない利用客は改札通過前に精算することになる。
  • なお、在来線と新幹線を乗り換える利用者は双方にカウントされるため、米原駅から乗る利用者はこの数より遙かに少ないと思われる。
  • 武蔵野線は貨物バイパス線目的で敷設された事情があり、南武線と武蔵野線間を乗り換える利用客はコンコースに出てからホーム間を移動する事になる。
  • なお、神鉄はJRに乗り換える利用客の需要に対応するため、終電もJRとの接続を意識し、24時台まで設定されている。
  • 連絡改札口があるが自動化されておらず、JR東海をTOICA等で利用後に明知鉄道に乗り換える利用客は、JR東海の改札を出た後で明知鉄道の乗車券を購入し、改めて明知鉄道の改札口に入る必要がある。
  • 約400m離れたJR唐津駅北口にも「唐津駅」バス停があるが、発着する路線は唐津市内の近距離路線と呼子方面行きの一部のみで、本数も少なく、鉄道からバスに乗り換える利用者の多くが当バスセンターで乗り換える。