乗り換える乗客

20 の用例 (0.00 秒)
  • 西船橋駅には快速が停車しないため、当駅から乗り換える乗客も多い。
  • 特に当駅始発列車が到着する場合、当駅で取手方面からの直通列車から始発列車に乗り換える乗客も多い。
  • 但し、一色町へ向かう名鉄東部交通のバスは全て隣の西尾駅まで運行されているため、当駅で乗り換える乗客は少ない。
  • 徒歩や125cc以下の二輪車、自転車などは空港連絡橋を通行できないため、空港へ向かうために当駅で電車に乗り換える乗客もいる。
  • 隣の新岐阜駅前駅から400mほどしか離れておらず、普段の利用者は少なかったが、同駅までは非常に渋滞しやすく電車が遅れることも多々あったため、当駅まで歩いて路面電車に乗り換える乗客もいたといわれる。
  • こうすることで、当駅で高松方面行き列車を乗降する乗客、快速列車と普通列車を乗り換える乗客全てが、跨線橋を利用せずに済む。
  • ただし、平群駅付近以南では王寺駅において関西本線などに乗り換える乗客の利用もあるため、完全に生駒駅側に偏っているわけではない。
  • ただ、津島市・愛西市方面と桑名市・四日市市方面を行き来する場合は改札内で乗り換えられるため、当駅で乗り換える乗客もいる。
  • 特に花園町駅以南から難波駅 - 梅田駅間の各駅への利用であっても大国町駅で四つ橋線から御堂筋線へと乗り換える乗客が多い。
  • 駅南側の国道43号に阪神バスのバス停留所が設置されているが、バスの起終点は快速急行停車駅でもある隣の甲子園駅であることから、当駅で乗り換える乗客は少ない。
  • 同市内行の夜行バスでは朝の渋滞による遅延を嫌って当停留所で下車し、北大阪急行に乗り換える乗客もいる。
  • このため現在においても明石で大阪方面行きのJR神戸線新快速に乗り換える乗客が依然として多いなど、当初の目的であった姫路以西からの梅田方面への直通利用客の取り込みという面では劣勢に立たされている。
  • 同線への乗り入れについては、2008年に二条駅から太秦天神川駅まで延伸する前は全列車が当駅で折り返していたが、当駅から一駅先にある烏丸御池駅で烏丸線に乗り換える乗客からの不満の声もあった。
  • さらに常磐快速線の乗客も北千住駅から千代田線を利用して西日暮里駅で山手線・京浜東北線に乗り換える乗客も増加し、朝の通勤ラッシュ時の遅延が度々起きている。
  • この為当駅にて乗り換える乗客はチエンマイ方面よりサワンカローク方面及び、サワンカローク方面よりバンコク方面へ向かう乗客に限られる。
  • りんかい線は、大崎駅経由でJR埼京線と相互乗り入れを行い、新木場駅でJR京葉線に乗り換える乗客も少なくないにもかかわらず、りんかい線と京葉線との直通運転は実施されていない。
  • 跨線橋の小湊鐵道ホーム入口と連絡跨線橋のJRホーム側には、Suicaで小湊鉄道線へ乗り換える乗客のために簡易Suica改札機が設置されている。
  • 駅から約150m北方に近畿日本鉄道大阪線の川合高岡駅があり、白山高校通学生を中心に徒歩連絡で近鉄と相互に乗り換える乗客がいる。
  • 主に水海道-下館間の単線区間で運用されるが、守谷でつくばエクスプレスと乗り換える乗客の便宜を図るため、取手 - 水海道間の複線区間に直通する運用もある。
  • 西鉄線に乗り換える乗客は、コンコースにエスカレーターで上がる必要があり、一旦MTRから、出口FまたはGを通して出なければならない。