乗って空を飛ぶ

19 の用例 (0.00 秒)
  • 一見ただの木馬のようだが、その名の通り乗って空を飛ぶことができる。
  • リランの背に乗って空を飛ぶことに、身体からだれてきたのだろう。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅱ 王獣編』より引用
  • これに乗って空を飛んで行くのです。 ゲーテ/森鴎外訳『ファウスト(上)』より引用
  • 中世の魔女はホウキに乗って空を飛んだそうだ。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第03巻 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ』より引用
  • こんなことは、少し前までの俺たちにはありない、それこそあかいブタが飛行機に乗って空を飛ぶくらいにあり得なかった光景こうけいである。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第01巻』より引用
  • 自分も医者を目指していたが、学生の頃にグライダーに乗って空を飛ぶ魅力にとりつかれ、北アフリカで飛行往診医になることを考えていた。
  • またクィディッチ用箒に乗って空を飛ぶのが好きで、幼い頃、兄の箒を拝借して空を飛んでいた。
  • また、中世では、悪魔の化身としてのヤギに乗って空を飛ぶ魔女の版画などもある。
  • PC-98版ゲーム作品では『紅魔郷』以降のほとんどの作品と同様に、箒に乗って空を飛ぶ。
  • ちなみに凧に乗って空を飛ぶシューティング面があるが、そこでは「波動の術」しか使うことができない。
  • 王子は王に、黒檀の馬の魔神が病気の原因で、再発を防ぐには、黒檀の馬が降り立った牧場に黒檀の馬と王女を連れて行き魔神を封じる必要があると言って用意させ、そのまま王女と黒檀の馬に乗って空を飛んで逃げてしまった。
  • 人を5人ほど運ぶほどの力があり、作中では梯子で飛行機を組み立てて荷札をつけ、のび太たち5人が乗って空を飛んだ。
  • 物語の第1話でニューヨークからサンタンコ修道院に到着したシスター・バートリルは、海岸の絶壁の上に位置する修道院を吹きすさぶ風に乗って空を飛ぶことができることを発見する。
  • シルバーリングは武器として敵に投げつけるほか、縁につかまったり、サーフボードのように上に乗って空を飛ぶことが出来る。
  • 祭神である櫛玉饒速日命が天磐船に乗って空を飛んだという、先代旧事本紀に記されている故事により航空祖神として崇められ、毎年9月20日に航空祭が行われる。
  • 乗って空を飛ぶほか、ほうき自体が意思を持ち、ドラモンの命令によってひとりでに動き回ることができる。
  • 人が乗って空を飛ぶ機械の構想という当時としては奇想天外な研究に対し外史は難色を示し、「今は戦時である」「外国で成功していないことが日本で出来るはずがない」「成功したとしても戦争には使えない」と、二宮の上申書を一蹴し、日本人による飛行機の発明という機会を失う一因となった。
  • アカディアではカヌーは漁船となり、ガスペではタラを入れる容器となり、セントローレンス川下流域では、酒盛りをやっている面々が上下さかさまの馬車、あるいは大きな豚に乗って空を飛ぶという話になっている。
  • 復活した不死鳥ラーミアに乗って空を飛ぶ事で、宿敵バラモスの居城へと乗り込んだ主人公は、ついにバラモスを退治する。