乏しい

全て 形容詞
4,799 の用例 (0.02 秒)
  • いずれも昼の間は自分たちの腕で乏しいパンをかせいでいる人たちだった。 シュトルム/高橋義孝訳『みずうみ』より引用
  • そこで外の鳥は残りの乏しい水で順々に浴びなくてはならぬやうになる。 正岡子規『墨汁一滴』より引用
  • そう思ってはみても、私の英語力は乏しく、日本への帰国も迫っていた。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • 実際にはわざとではなく、いつもどおり表情に乏しかったというだけで。 林トモアキx上田夢人『戦闘城塞マスラヲ 「私を地中海に@連れてって」』より引用
  • しかしその信頼性は乏しく、現在では資料としてはそれほど価値がない。
  • 自分の周りで起きたことだと頭ではわかっていても、実感は乏しかった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 陽はすでに沈んでおり、房室の明かりも乏しくてそうとは見えなかった。 同人『十二国記』より引用
  • 遺品の乏しい初唐の銅像を逆にこの作によって推測するのも悪くはない。 和辻哲郎『古寺巡礼』より引用
  • 主人は客がこの方面の興味に乏しい様子を見て、再び話をの方へ戻した。 夏目漱石『門』より引用
  • 彼らは見廻りに出ていて、乏しい夕食さえまだとっていなかったらしい。 山田風太郎『魔群の通過』より引用
  • この設問に答えるには、ぼくの経験や知識が乏しかったのかも知れない。 眉村卓『不定期エスパー3』より引用
  • 好奇心がおそろしく乏しいのに違いないと思ったが、そうじゃなかった。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • とても自己存在の確認とは比較にならない力の乏しいものになってしまった。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 故郷へ帰ってきてからの、私の働きはほんとうに乏しいものであった。 佐藤垢石『盗難』より引用
  • 信頼性は非常に乏しく、マシンを完全に動作させることは不可能であった。
  • その時、左手の扉が小さく開き、その陰から抑揚の乏しい女の声がした。 堺屋太一『油断!』より引用
  • 戦闘は双方の艦から開始されたが、初めはどちらも効果に乏しかった。
  • 我邦の主人は家族一同に対してすら共公心きょうこうしんが乏しいといわなければならん。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 唐時代の長安の位置を研究すべき材料は、唐宋以來その書に乏しくない。 桑原隲蔵『大師の入唐』より引用
  • 主人は客がこの方面の興味に乏しい様子を見て、再び話をのほうへ戻した。 夏目漱石『門』より引用
  • 次へ »