久春内村

8 の用例 (0.00 秒)
  • 久春内村は小さい村にも関わらず樺太では早期に競馬場が開設され樺太庁の補助金競馬場になっている。
  • 樺太西線が久春内村から町内を通り恵須取町を経て塔路町まで計画されており、路盤の整備も進んでいたが完成することなくソ連に占領された。
  • 久春内村の競馬場では1932年施行の公認競馬場から外れて馬券が発売できなくなっても神社祭礼競馬として継続され1933年9月には第25回競馬を開催している。
  • オホーツク海に面し、樺太の最狭部に位置し東海岸と西海岸を結ぶバスが村内の真縫駅から泊居郡久春内村の久春内駅を結んでいた。
  • 樺太西線が久春内村から珍内町、恵須取町を経て町内の藻糸音まで建設中であったが、ソ連による占領のため、完成には至らなかった。
  • 真縫久春内線は、かつて樺太に存在した樺太庁道であり、豊栄郡白縫村から泊居郡久春内村を結んでいた。
  • 樺太西線とは、樺太本斗郡本斗町の本斗駅から泊居郡久春内村の久春内駅までと、樺太本斗郡本斗町の本斗駅から浜本斗駅と、樺太真岡郡真岡町真岡駅から浜真岡駅の2つの貨物線から成る、鉄道省の鉄道路線である。
  • 人口が10000人に満たない野田郡野田町、5000人に満たない真岡郡清水村、敷香郡内路村、豊原町唐松部落、敷香郡泊岸村新問、泊居郡久春内村、豊栄郡豊北村小沼、豊原町並川部落などで競馬が行われていたことが新聞報道で確認できる。

久春内村 の使われ方