主義全盛

11 の用例 (0.00 秒)
  • 現代を個人主義全盛の時代であると主張するが如きは極めて滑稽である。 ゴールドマン・エマ『少数と多数』より引用
  • 当時のヨーロッパは産業革命の影響で、あらゆる工業製品が機能主義全盛にあった。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • しかし世界は欧州戦争前の国家主義全盛の時代までは逆転しないで、国家連合の時代になったと私どもは言っているのであります。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 植民地主義全盛の19世紀、植民地研究が盛んに行われたが、民族音楽という概念もそのような文脈から生まれて来たのである。
  • Victoriaはヴィクトリア朝の始まりから第一次世界大戦までの帝国主義全盛の時代を扱っており、1836年から1935年までの期間で、プレイヤーは当時存在していた国の中の一つを選んでプレイすることになる。
  • 父は強度の近視のために、徴兵をまぬかれたのだが、そんなことも当時の軍国主義全盛の世相にあって母には格好悪いものに映ったらしい。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 即ち国家主義全盛時代にも言われた善隣とか友邦とかから東亜連盟となり、次いで東亜連邦となり、遂には全く一体化して東亜大国家とまで進展する事が予想せられる。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 翌年の一八五二年に出た『ピエール、または、あいまいなもの』はセンチメンタルな家庭小説をまねようとしたものだが、そこに描かれている母と子の関係とか、近親相姦など、今日の小説のテーマを思わせるものがあったが、ロマン主義全盛のその時代にあっては、読者をただまごつかせるだけだった。 メルヴィル/高村勝治訳『白鯨(下)』より引用
  • 楽しいものにしようとすればその分手間がかかり、コスト高になるため売り物には向かないが、商業主義全盛の昨今その良さが見直されており、作ることを楽しむ料理でもある。
  • 米国との開戦に備えて戦備を整える「長門」だが、既に大艦巨砲主義全盛の時代は去り、航空機と潜水艦が重要な役割を果たすようになっていた。
  • 新ロマン主義全盛であった当時は、彼ですらもこの流行に順応する結果を招いたが、管弦楽法の冴えが衰えることはなく、かつ前衛イディオムは表層に現れないために人気は上がりつづけた。