丹頂のお粂

17 の例文 (0.00 秒)
  • わたしも丹頂のお粂、どんなことをしたッて、逃がしゃアしないから!
  • 横に廻った丹頂のお粂が、男の危機にわれを忘れて、つかんだ砂の目つぶしです。 ...
  • 丹頂のお粂が、倉皇そうこうとして去ったあとの部屋にこの不思議な品は、そも何の謎でありましょうか。 ...
  • これでも江戸では、丹頂のお粂といわれた姐御あねごだよ。
  • それはまぎれもなく、熱海の隠居藤屋に泊まっていた丹頂のおくめに相違ありません。 ...
  • 「ばかだねエ」 丹頂のおくめはひとりで笑っていました。
  • そして、寺まで来ないうちに、荒川なわてではお蝶らしい者の影を見つけ、また、そこに倒れていた、丹頂のおくめのふしぎな死骸をも見出しました。 ...
  • しかし、事実はどこまでも事実で、 「おや、それじゃお前は、あの時、何処とかいう御大家のお嬢さんについていたお供だったのかえ」 と、彼女もひとしく驚いた顔をした様子を見ますと、それは他人の空似そらにではなく、やはり丹頂のお粂であります。 ...
  • しかし、次郎はその手ぬぐいかぶりの女が、あの隠居藤屋の奥にいた、丹頂のおくめであるとはちッとも気がついていない。 ...
  • はッと男の体から身を離したものの、ここは丹頂のお粂が好きに手足をのばしている隠れ家で、まして茶室ごのみに壁で仕切ったこの奥の部屋へそんな不作法な人目はないはず。
  • 戸隠の伊兵衛、先生せんじょう金右衛門、雲霧や丹頂のお粂までが、一斉にどこへ身を隠してしまったのか。 ...
  • 捕手騒ぎに抜け穴を出て、聖天の宮にひそんでいた丹頂のお粂は、何かうなずくと金吾のそばへ寄って、ジッと、悶絶している男の顔に見入っています。 ...
  • あの丹頂のおくめでした。
  • 丹頂のおくめを突き放して、十国峠の背を何処いずこともなく去った相良金吾は、その、転々した末に、この厚木から遠からぬ雨降山大山あふりやまおおやまの宿の行者宿に落着いていたのです。 ...
  • 「どうだい、どこか体でも痛むかね」 この人物、丹頂のおくめえりをつまんで追い出される程、顔に似合わず、婦人には喉を細めて親切な声がらです。
  • あの丹頂のお粂。 ...