丸ぼし

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ちょうどこの冬になって、今年のグルメの丸ぼしが送られてきたのだ。 ...
  • それにグルメというのは丸ぼし状態にしてこそあの独特の風味が出るといわれる。 ...
  • さて、グルメの丸ぼしでは失礼したが、丸ぼしそのものをいってみよう。 ...
  • 丸ぼしというより、丸ままといった方がいいかもしれない。 ...
  • 想像するのだけど、丸ぼしにするということは、生きている時の状態はイワシに似ているのではないだろうか。 ...
  • それはともかく、グルメは丸ぼしにかぎると私は考えている。 ...
  • ただひたすらトージンボシの味、丸ぼしの味、干物の味の真髄に迫りたいのだ。 ...
  • その思いがあまって、「グルメ」の丸ぼしというのを物体として実在させたわけだが、もともとアンデスの高地の川に哺乳類が、棲息できるわけがないといわれた。 ...
  • そしてその小包の中味がグルメザンパリオ、石炭のように黒光りのしたグルメの丸ぼしだった。 ...
  • だからこちらもその「正装」に合わせるように厳粛な気持で食卓に坐ると、食卓の皿にはグルメの丸ぼしがある。 ...
  • とくにグルメの丸ぼしが好きだ。 ...
  • 塩出しをして鎌足は召しあがり いきのいい魚の本場の瀬戸内海までやって来て、塩出しをしなけりゃ口にはいらないようなさけや丸ぼしをたべるはずはない。 ...
  • とにかくその丸ぼしのトージンボシである。 ...
  • だからイワシの干物は丸ぼしである。 ...
  • ウルメの丸ぼし。 ...