丸ごと

全て 副詞
1,155 の用例 (0.01 秒)
  • この樹の中に世界が丸ごと入り込んだのではないかと思えるほどでした。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • ある南翼は完全に見捨てられて、何世紀も昔に屋根が丸ごと落ちていた。 エディングス『ベルガリアード物語1 予言の守護者』より引用
  • ほかの客はあれでよかろうが、こっちは丸ごと持ってこいと言ってくれ。 種村季弘『食物漫遊記』より引用
  • たった一人ひとりの人を、心のすべてを丸ごと放り出すみたいにおもってみたい。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 01巻 春にしてブラックアウト』より引用
  • 二十階建のビルが丸ごとその企業と、グループの子会社で占められていた。 赤川次郎『悲歌』より引用
  • 放っておいたら、あいつはこの世界を丸ごと自分のものにしてしまうだろう。 半村良『魔女街』より引用
  • ある一族がその辿った歴史も含めて丸ごと存在しなくなるのである。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 空を丸ごと暗くするトリックでもないのなら、疑いなく夜なのだろう。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第04巻』より引用
  • わしの船には、この星を丸ごと消去できるだけのエネルギーが残っている。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • 戦争は、その全体を丸ごとヽヽ捉えなければ、実態を見たことにはならない。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 彼が信じていたもの、彼を形成していたものが、全て丸ごと裏返った。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 彼女の持つ資金は相当なものであり、小国なら丸ごと購入できるほど。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • だとしたら、教室丸ごとのサイズのエンジンだったらどれほどのエネルギーが? 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • 参鶏湯は鶏一羽を丸ごと入れて作る事もあり、高カロリーの食品である。
  • なんだか部屋が一瞬いっしゅんで丸ごと新品に入れ替わってしまったかのようだ。 有沢まみず『いぬかみっ!02』より引用
  • 丸ごとハリーを飲み込むほど大きく口をカツと開けているのが見える。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 個人経営のビルや貸マンションを何トンかのお米と丸ごと交換した例さえ三件あった。 堺屋太一『油断!』より引用
  • その島の住人が丸ごと行方不明ゆくえふめいになるという怪事件が発生したのだ。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 大きさといい鋭さといい、大の男を丸ごとくだくのに十分そうに見える。 吉野匠『レイン外伝 仄暗き廃坑の底で』より引用
  • 黎深の本性ほんしょうを知らないからこそ丸ごと受け入れてくれる存在がそこにあった。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • 次へ »