中間省略登記

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • いわゆる中間省略登記が実務において認められている例の1つである。 ...
  • なお、中間省略登記の場合、すべての変更を証するものでなければならない。 ...
  • 前述のとおり、中間省略登記は原則としてすることができないとされていたものの、2005年に不動産登記法が改正施行される前においては、現実に中間省略登記が行われていた。 ...
  • ただし民法上、中間者の同意を要件として中間省略登記が認められているため、裁判として中間省略登記が認められることがある。 ...
  • 中間者の同意が要求されるのは、譲渡人である中間者が譲受人である新権利者に対して同時履行の抗弁権を有していた場合に、中間省略登記によってその抗弁権が害されるのを防ぐためである。 ...
  • この場合には例外的に、中間省略登記が認められる。 ...
  • 不動産業界ではこの答申を、「中間省略登記が事実上容認された」ものとして歓迎している。 ...
  • また、中間者の同意なしに中間省略登記が行われた場合、中間者に当該中間省略登記を抹消する正当な理由がなければ、当該中間省略登記を中間省略であることを理由として抹消することはできない()。 ...
  • 登記名義人表示変更登記は現状の公示に重点がおかれ、権利変動の過程を公示することは重視されていないから、一定の場合において中間省略登記・登記名義人表示変更登記そのものの省略・同一の申請情報による申請が認められている。 ...
  • 不動産登記は物権変動の過程を忠実に公示する必要があるとされているため、原則として中間省略登記は不動産登記法第25条第5号・第8号・第9号の規定により、却下の対象となる。 ...
  • 中間省略登記とは、不動産登記において、物権が順次移転した場合に、中間者への登記を省略し、後に物権を取得した者へ直接登記を移転すること、およびその登記のことである。 ...
  • 前述のとおり、中間者が物権を取得しながら、この登記を省略し中間省略登記を行うことは名実ともにできなくなったが、実務上の要請から、「物権変動の過程を忠実に公示する」という原則を侵さずに中間省略登記と同様の効果をもたらす取引・登記手法が開発されている。 ...
  • 不動産登記申請はその大部分が司法書士等の有資格者が代理することによって行われているが、これらの資格者代理人が虚偽の登記原因証明情報を用いることは資格はく奪等の不利益に結び付くことから、資格者代理人が中間省略登記をすることはまず考えられず、結果として中間省略登記を行うことは事実上できなくなった。 ...
  • しかし2005年の不動産登記法改正によって、登記申請にあたっては、一部の例外を除き「登記原因証明情報」の添付が必須となったため、虚偽の登記原因証明情報を用いない限り、中間省略登記ができないこととなった。 ...
  • 内閣総理大臣の諮問機関である規制改革・民間開放推進会議は、2006年12月25日の答申で、不動産の取引費用の低減ニーズに応えるため、「第三者のためにする契約」及び「買主の地位の移転」によって中間省略登記と同様の効果をもたらす登記ができることを平成18年度中に周知すべきであるとした。 ...