中継回線

72 の用例 (0.00 秒)
  • NTT中継回線は、テレビ放送の普及に合わせて日本全国に拡大された。
  • 柔軟な中継回線接続が可能で、中継回線の効率的な利用が可能になった。
  • 番組には現れないが、用いる中継回線によりラジオ中継放送のシステムはおよそ以下の様に分けられる。
  • 国際電話においても日本の接続点や関門局から相手国までの間は中継回線を用いるため、中継電話の一種とされている。
  • 中継回線に一般加入電話を利用しているため、音質は電話並である。
  • それにより中継回線のコストが低下し、中継網の階層の簡素化が各国で行われた。
  • 番組には現れないが、用いる中継回線によりテレビジョン中継放送のシステムはおよそ以下の様に分けられる。
  • また、中継回線に不具合が生じ、全編に渡り全く放送が行えない場合もあった。
  • また中継回線についてもマイクロ波中継の試作装置の開発を進め、翌年の暮れに完成させる事になる。
  • 非産経系の系列局が多いためか、中継回線には背景のお天気カメラ・ニュース映像と音楽しか乗っておらず、同じタイトルで放送する場合でも独自にタイトルを挿入しなければならない。
  • 司会進行だけでなく、放送を行う会場の決定と設営・放送センターまでの中継回線確保等のディレクター業務を行っている。
  • その限られた時報放送も、道内テレビ中継回線のデジタル方式完全移行に伴い、視聴できる機会は事実上なくなった。
  • またキー局などからのネット番組でも光ファイバーのデジタル中継回線を使用して送られているため、音質劣化がほとんどない。
  • 離島を含む国内の中継回線や臨時通信回線の確保、多様化する通信需要に対処することを及び通信衛星に関する技術の開発を目的とした。
  • この中継ぎする通信回線のことを特に中継回線という。
  • ちなみに当放送はHTBの札幌地区以外の地域と時差放送されるCS放送の朝日ニュースターでは中継回線使用料や放送設備の都合など諸般の事情で実施されなかった。
  • 日本放送協会は、放送法の規定によって、全国への放送が義務づけられており、全国各地に放送局を設け、それらをNTT中継回線で結んで番組の全国中継を可能にしているが、他方ではローカル番組の制作も各地の放送局で行なっている。
  • 北海道は放送区域が広大で多くの中継施設を要すること、道内各放送局・中継局を結ぶ中継回線にNTTのマイクロ波を使用していた頃の使用料が高額だったことに起因している。
  • 以前放送されていた東京MXテレビを含め、ネット局でのハイビジョン放送が遅れたのは、NTT中継回線がアナログ方式のためである。
  • 当初はNTT中継回線が使われていたが、文字多重放送の北海道内全域での開始を機に、1996年頃に衛星回線に移行した。
  • 次へ »

中継回線 の使われ方