中根康浩

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 中根康浩はこの間、1981年に早稲田大学商学部に順調に進学し、1985年に同大学を卒業した。 ...
  • 希望の党は当初12区を地盤とする中根康浩に7区からの出馬を打診したが本人が辞退したため7区に候補者を擁立しなかった。 ...
  • 衆議院解散が確実となると、重徳はすみやかに中根康浩を自身の総合選対本部長に迎え入れた。 ...
  • 非自民票が主に民主党の中根康浩、日本未来の党の都築譲らとの間で分散されるも、得票数3位で比例東海ブロックで復活し、初当選を果たした。 ...
  • 当初、民主党前職の中根康浩も愛知12区での立候補が内定していたが、非自民候補の共倒れを懸念した維新の党は民主党に対し、愛知4区・12区以外に候補者の擁立を予定していた3選挙区から撤退する代わりに、愛知12区の中根の立候補を見送らせるよう働きかけた。 ...
  • 党県連代表の中根康浩の父親の中根薫市議は9月4日、市議会定例会の一般質問で「一点の落ち度もないくらい、私どもが柴田市政に物申すことなど全く見当たらなかった」と持ち上げたあと、柴田に真意を尋ねた。 ...
  • 民進党は山尾の無所属出馬表明の時点から、代表の前原誠司が「目指す社会像が一致している」として対抗馬を立てない意向を示していたが、10月4日、同党の玄葉光一郎総合選対本部長代行は、岡崎市を地盤とする衆議院議員の中根康浩に対し愛知7区の希望の党公認内定の連絡を密かに行った。
  • 同年9月4日、検察は中根康浩と中根勝美に対し「両被告は現金を受け取ったことを弁解しており、反省していない」として懲役10月、追徴金30万円を求刑した。
  • 園山は公明党の支持と連合愛知の推薦のほか、大村秀章知事と柴田紘一前市長、前述の市議4名、中根康浩らの支援を受けて立候補。 ...
  • 比例区民進党の中根康浩も榊原の応援演説で西尾入りしていることから、市長選挙は自民党と民進党の衆議院議員の代理戦争の様相を呈した。 ...
  • 初当選を果たすも、民主党現職の中根康浩、日本維新の会新人の重徳和彦の両名に比例復活を許した。
  • 残る中根勝美、中根康浩、八田二郎の3人は辞職を拒んだため、11月4日の補欠選挙後、3氏に対する辞職勧告の請願が議会に提出される。 ...
  • 同年8月20日、民進党の玄葉光一郎選対委員長は、次期衆院選愛知12区の公認候補を重徳とし、中根康浩を次回衆院選に限り比例東海ブロックの単独1位にすると発表した。 ...
  • 中根康浩は岡崎市立常磐小学校、岡崎市立常磐中学校を経て、1978年に愛知県立岡崎高等学校に入学。 ...
  • 榊原を支援したのは民進党衆議院議員の重徳和彦、同党衆議院議員の中根康浩、大村秀章知事、連合愛知、元幡豆町長の渡辺靖県議など。 ...