中村大尉

293 の用例 (0.00 秒)
  • 中村大尉は、山本大尉が連隊長に冷たくあつかわれているのに同情した。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉も見ていたが、前進するはずの第一車が出ないことに気がついた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は自分のたてた作戦計画が、いま目の前でやぶれているのを見た。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉はニントウコン死守の命令に従うのが当然であると信じていた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は自分の父親ほど年の違う上官に、いうべきことではないと思った。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉も、すぐに、それがどういうことなのかを考えようとしなかった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • このような服装から見て、戦場の経験のない人だろう、と中村大尉は判断した。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉が不審に思ってきいてみると、病気だということであった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • この程度の行動なら、織尾大尉も出て行くだろう、と中村大尉は考えた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は師団の堀場参謀の支離滅裂な要求を、そのように読みとった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉はすぐに破り捨てたが、重大な危機が身辺に迫っているのを感じた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 爆発が終ると、中村大尉は、ほーっと息をはいて、心のなかでつぶやいた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉と師団司令部に行った翌日、五月二十八日であった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 布重中尉は陸軍士官学校五十六期で、中村大尉の三期後輩であった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 井瀬連隊長は連隊内の将校のことを聞いたあとで、中村大尉を本部付に命じた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 高島少尉は中村大尉が第二中隊長の時に、その下で小隊長をつとめていた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 東副官らは中村大尉も死んだものと思って死体をさがしていた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉が千葉戦車学校の将校学生の時に、堀場中佐は教官であった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は状況のわかるまで待つようにいったが、井瀬大佐は承知しなかった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉はおどろいて、その場所に行こうとすると、井瀬大佐も出てきた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 次へ »