中村博文

7 の用例 (0.00 秒)
  • これはイラストを担当した中村博文のお遊びではあるがダークエルフ化の暗喩ともとれる表現である。
  • 中村博文がキャラクターデザインを担当し、当時のコミックゲーメストではかぢばあたるによる漫画作品が連載された。
  • キャラクターデザインは、中村博文による前作のデザインを踏まえて、司淳が担当している。
  • さらにその後のバブリーズの活躍を描いたリプレイアンソロジーの中の一編『デーモン・アゲイン』では再び中村博文がイラストを担当した。
  • なお、第3部リプレイ終了後のバブリーズの活躍を描いた小説『バブリーズ・リターン』が後に発売されたが、イラストがリプレイ時の中村博文から竹浪秀行に変わっており、リプレイのイラストとあまりに画風が異なるため、その点を不満に思う読者もいる。
  • 角川の分裂騒動による集団移籍劇であったため、水野良・中村うさぎ・押井守・安田均・黒田幸弘・中野豪・中村博文・うたたねひろゆき・深沢美潮・松枝蔵人といった、それまでコンプティークに関わっていた記者・絵師・漫画家・小説家のほとんどが同時に場を移した。
  • 中村博文は、日本のイラストレーター。