中将率いる

152 の用例 (0.00 秒)
  • 連邦軍はティアンム中将率いる本隊を主戦場とは別の場所に展開していた。
  • トラック諸島に進出後、小沢治三郎中将率いる機動部隊と行動をともにする。
  • 単艦突撃の結果、小沢中将率いる機動部隊の残存艦は脱出に成功した。
  • これに対して日本軍は、宇垣纏海軍中将率いる第五航空艦隊が反撃を開始した。
  • 第二線は中将率いるイギリスおよびハノーファー兵の部隊であり、尾根の背後の死角に伏せていた。
  • 小沢治三郎中将率いる機動部隊への攻撃についてハルゼー大将の方針に全面的に賛成した。
  • ロイド・ジョージは、中将率いる現地のイギリス軍に持ち場の死守命令を下した。
  • やがて、三川軍一中将率いる第八艦隊がこの海域に入ってきた。
  • ところが、夕刻になって偵察機が小沢治三郎中将率いる機動部隊を発見したことでハルゼーの考えが変わった。
  • 艦隊は小沢治三郎中将率いる第三艦隊であり、ティノサは魚雷を4本発射したが命中しなかった。
  • サイパン防衛のために日本軍はあ号作戦を発動し、小沢治三郎中将率いる機動部隊がマリアナ沖目指して進撃していた。
  • その間にドレスデンが、シュメッタウ中将率いる守備隊の降伏によって失われた。
  • 小沢治三郎中将率いる第一機動艦隊はマリアナ沖を目指して進撃を開始し、補給部隊はこれに呼応して指定された配備点に向かった。
  • 連合艦隊は南雲忠一中将率いる第一航空艦隊の後方600海里の位置に留まり、米軍に対し何の行動も行わなかった。
  • そしてザイトリッツ中将率いる騎兵隊が攻撃を敢行すると、帝国軍の歩兵はついに撃退された。
  • この任務は10月24日の栗田健男中将率いる日本艦隊発見の報により中断される。
  • これらの攻撃は、ウィリアム・ハルゼー中将率いる第3艦隊が、アメリカ側の次の目標が小笠原諸島方面等であるかのように装って、日本側の注意を真の目的と違う方向に向けるために行われた。
  • フィリップ・オクチャーブリスキー海軍中将率いる黒海艦隊は、陸上部隊への支援のため活発な物資輸送や艦砲射撃を行った。
  • 日本軍は三川軍一中将率いる第八艦隊と海軍陸戦隊に米軍撃退を命じ、第一次ソロモン海戦で勝利を収めた。
  • しかし、米側の主力機動部隊である第3艦隊第38任務部隊が囮の第三艦隊ではなく、主力の栗田健男中将率いる第一遊撃部隊を先に発見して航空攻撃を加え、第三艦隊を10月24日午後まで発見しなかった。
  • 次へ »