中国外務省

25 の用例 (0.00 秒)
  • 事件発覚後、中国外務省が公式見解を示したのはこれが初めてであった。
  • 非公式な状況下では、「中国外交大学」と「中国外務省大学」の呼び方もある。
  • それに対し、中国外務省は「中国政府と国民は既に明確な結論を出している」と述べ、不快感を表明した。
  • これらの対中抗議デモを受け、中国外務省は日本国内の中国の大使館や総領事館の安全確保を求める談話を発表した。
  • モスクワ国際関係大学国際調査センターのアンドレイ・イヴァノフは、この発言が中国外務省の正式機関の幹部で中国外交政策の策定者から出たことに対し、中国指導部の意向を反映していると述べている。
  • 日本の報道機関では、中華人民共和国の当該英語訳を、そのまま日本語に翻訳するため『中国外務省』と表現される。
  • さらに、アメリカからの非難に対し中国外務省は「あらゆる形態のサイバー攻撃に断固として反対している」との所見を述べた。
  • なお中国外務省は、貿易自由化による発展を促す経済一体化に対し、中国はオープンであるとのコメントを表向きで出した。
  • 中国外務省はこの発言に対して「『積極的に』評価する」と支持表明し、韓国との共闘をアピールした。
  • そして、同日、中国外務省の報道局長は「天外天が中国の海域であることは争いがなく、作業を行うのは固有の権利で日本との間に共同開発の問題は存在していない」と強く反発した。
  • こうして実質的な外交の中心は、総理衙門のある北京から北洋通商大臣のいる天津へと移っていき、日清戦争の頃には天津の李鴻章こそが事実上の中国外務省となっていた。
  • 中国外務省のスポークスマンもこれに対して哀悼の意を伝える一方で、自国の国民の2人乗船の事実が確認されるだけに自国の国民の救助も呼びかけた。
  • なお中国外務省の洪磊・副報道局長は飯島が訪中ビザを申請したことは認めたものの、中国政府当局者との接触は否定した。
  • 事件が発生した翌日の5月9日夜、抗議に訪れた阿南大使に対し、中国外務省の外務次官補・劉古昌は問題の武装警官が日本総領事館立ち入り許可を得ていないとの前提で対応していたことが後に判明した。
  • 台湾では野党や独立派がこの発言を歓迎したが、「中華民国は日華平和条約により台湾の主権を日本から移譲された」との見解を示した直後だった馬英九の国民党政権は強く反発し、中国外務省も「中国の利益に対する挑戦」として発言を非難した。
  • また中国外務省も「留学を希望する場合、他の中国公民と同様の手続きを行えば関係部門が手続きを行う」と出国を容認した。
  • なお、中国外務省はフランスのテレビ局France 2が中国のフレームアテンダントが聖火を消しているシーンを放映したにもかかわらず、消火の事実を否定した。
  • しかし、中国政府は韓国政府に対して非公開に中国への送還を求め続け、孟建柱公安部部長は韓国を訪問して韓国閣僚に事件について話し、2012年10月16日には中国外務省の洪磊副報道局長が定例記者会見の場でも中国への送還を要求した。
  • 一方、中国との間では、国レベルの政治的な問題で交流事業が中断されるケースはあまりなかったが、2012年2月、河村たかし名古屋市長が友好都市の中国南京市の訪問団に対し、南京大虐殺をめぐる発言をしたことで、南京市は名古屋市との交流を当面凍結することを発表し、中国外務省も断交を支持している。
  • 中国外務省の洪磊副報道局長は翌日の24日、「真実を歪曲し、中国政府の信用を傷つけようとする海外の分裂主義者の試みは成功しない」とチベット族およびチベット亡命政府を非難する談話を発表した。
  • 次へ »