中国基督教

17 の用例 (0.00 秒)
  • 重要な決定は中国基督教協会と三自愛国委員会との「両会」の決定として発表される。
  • 印刷は愛徳印刷有限公司、出版は中国基督教協会の出版である。
  • この方針は共産党政権の賛同を得ることができ、政府の承認を経て「中国基督教会宣言」が出されるに至った。
  • さまざまな議論と反対の中、中国基督教三自愛国運動委員会が成立し、呉耀宗はその主席に選出された。
  • 中国基督教協会は世界教会協議会の一員で、毎年のように中国の聖職者の海外訪問、海外からの訪問の受け入れも行なっている。
  • 彼とその賛同者の提唱が、現在の中国の合同プロテスタント教会組織である中国基督教協会の基本的な考え方になっている。
  • 共産党政権下にあって中国のプロテスタント系教会は1954年に外国人の聖職者・国外勢力の影響を排除するための三自運動を展開することとし中国基督教三自愛国運動委員会を設立した。
  • 海外からの影響を絶つ三自愛国運動の精神での歩みを継続するために中国基督教三自愛国運動委員会が国・省・市レベルで設立されていて、重要決定事項はこれらキリスト教「両会」のものとして発表される。
  • 重要な決定は、三自愛国運動委員会と、世俗的な面以外をすべてつかさどる中国基督教協会との「両会」の決定として発表される。
  • 文化大革命による迫害が収まった後、プロテスタント諸教派からなる合同教会として中国基督教協会が設立された。
  • 長春キリスト教会は中国吉林省長春市にあるプロテスタント教会で、もともと長老派の教会であったが、現在は中国基督教協会の属していて、ここに吉林省および長春市の三自愛国運動委員会も置かれている。
  • 愛徳基金会は中国基督教協会の関連団体で、中国のクリスチャンのボランティアが参加し、おもに中国の貧困地域を助ける会である。
  • もと聖公会主教で、中国の合同プロテスタント教会組織である中国基督教協会および中国基督教三自愛国運動委員会の会長を長らく務め、後に名誉会長となる。
  • まず、上海で広学社で働き、1953年初めに南京の金陵協和神学院の院長を務め、1954年に中国基督教三自愛国運動委員会が設立されると、その常務委員に選ばれた。
  • 中国では、カトリック系の公認教会である中国天主教愛国会の信者は500万人、プロテスタント系の公認教会である中国基督教三自愛国運動委員会、中国基督教協会の信者は1700万人から1800万人とされる。
  • また、中国国内のプロテスタント系教会諸派は、「三自愛国運動」方針を示し、共産党と協議の上「中国基督教会宣言」を表明して、中国基督教三自愛国運動委員会を組織し、さらに文化大革命のキリスト教弾圧を経て、中国基督教協会を設立した。
  • 宗教はキリスト教の正教徒がほとんどであるが、中国天主教愛国会、中国基督教協会に所属するキリスト教徒、プロテスタント系のペンテコステ派、また道教やイスラム教の信徒もいる。

中国基督教 の使われ方