中むら

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • が不幸にして中村君の保証しただけの美しいのを拝む事は出来なかつた。
  • 男の人相について中村君がたしかめると市坂に間違いありませんでした。 ...
  • 同行の中村先生があとでレンブラント張りだと評された事も覚えている。 ...
  • そんな曖昧な態度をとったのは、中村に遠慮があったからなのだろうか? ...
  • 中村やのおまんじゅうを百四十も買ったというのは、恐らく記録ですね。 ...
  • 妊娠中、周子は中村橋の駅の近くにあるスポーツ・クラブに通っていた。 ...
  • と、このように中村が自信満々で宣言するのには、もちろん根拠がある。 ...
  • 「限界って言いますと」 手枕をして聞いていた中村医師は肘を立てた。 ...
  • 美しいとは言っても中村菊四郎のはあくまでも男がふんした女形であった。 ...
  • 中村さんが話題にしたことがあったので、私も知ったんですけれど。 ...
  • 二日の後偶然この塔上で中村君に出遇ったので、夫は聖に相違ないと決定した。 ...
  • 「お疲れになりませんか」 中村医師は美智子に気を遣ってくれていた。 ...
  • 山内との仲が破綻し、二人が他人同士にかえった後、中村が接近してきた。 ...
  • 中村に何か旅で読む物はないかッて、聞いたら、これを貸してくれました。
  • この振興会で働いている中村民子という、二十三歳の銀行員の娘がいた。 ...
  • 中村は何度も頭を下げ、よろしくお願いします、と云って帰って行った。 ...
  • 目白街道かいどうを西へ進んだ車は、中村橋の手前で西武線の踏み切りを渡った。 ...