中へ埋没

9 の用例 (0.00 秒)
  • その背中が人通りの中へ埋没したとき、ようやく僕も後を追う気になった。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • たいてい結婚を機として、彼女らのそうした可能性は、くだらぬ日常の中へ埋没してゆく。 北杜夫『マンボウぼうえんきょう』より引用
  • だけど、そんな自分を「ほかの何か」の中へ埋没まいぼつさせることで安心しようなんて、俺は絶対にイヤだ! 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑧』より引用
  • 次第に家は霧の中へ埋没する。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • そして、男も女も疲れ、ついに出会うこともなく、おのおのの生活の中へ埋没していく。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • でないと探偵小説はずるずるべったりに古い通俗物語の中へ埋没してその独自性を失うだろう。 平林初之輔『新人の諸作一括』より引用
  • 遠い過去からの集団の結集した総能力の中へ埋没した訓練で、自分の手がけた土地の実状に関しては、厳密な設定と等しい計算力を持っている。 横光利一『夜の靴』より引用
  • 女体の中へ埋没してゆく快感が、はじめて、伊織の意識に来て、腰に蠢動しゆんどうを起させた。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(下)』より引用
  • 私は、あらゆる歴史学者、社会科学者、さらに「人間の歴史」について、ちょっとでもものを言おうという人は、今日只今から、この一一巻本の中へ埋没していただきたいものだと思う。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用