中に埋没

163 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女の中に埋没することによって不安をまぎらそうとしているようである。 森村誠一『悪魔の圏内(テリトリー)』より引用
  • それはすぐにいつもの俺の中に埋没してしまうに違いなかった。 奈須きのこ『歌月十夜 17 酔夢月』より引用
  • 彼にできることは精々せいぜい登校を拒否して詩集の中に埋没するくらいである。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 社会的に生きる限り、個人の意識は公共的なる存在である言葉の中に埋没する。 三木清『マルクス主義と唯物論』より引用
  • 挿し木の少なくとも三分の一が土の中に埋没させなければならない。
  • この砂中に埋没してすでに数十万年をへたものであろう。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 古い記録は、そのようにして崩壊孔の中に埋没した下水夫を列挙している。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 雪の中に埋没したのに似ている気はしたが、雪も積もれば光をさえぎる。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • そう大きくもない三階建ての建物が、今や車の海の中に埋没しそうな様子だった。 赤川次郎『ひまつぶしの殺人』より引用
  • そのまま書物の中に埋没まいぼつしようとして、ふと気づいて顔を上げる。 桜庭一樹『GOSICK 第1巻』より引用
  • そんな君だから、僕は君の中に埋没してしまったのでしょう。 嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』より引用
  • もし地球の代わりに太陽を置くと、月は太陽の中に埋没する。
  • ただ、多数の中に埋没まいぼつして消えてしまうこと、それが良いのです。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • またふたたび、書物と思考と退屈でできた金色の闇の中に埋没まいぼつしていく。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • そしてこの二つは共に、現在の山代大五の失われた記憶の中に埋没しているのである。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 大ていの人間は、人間の人間たるを知らずして社会の中に埋没してただ生きているのだ。 高野悦子『二十歳の原点』より引用
  • 否彼はこの民族とともに、砂漠さばくの砂の中に埋没しかかったのである。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • すでに、その跡を辿ろうにも、すべての痕跡は土砂の中に埋没されていた。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 思考の中に埋没していたカイルロッドは、草を踏む音にハッとして目を開けた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 1 旅立ちは突然に』より引用
  • 多少は見た目がきれいだろうとも、いずれは去って記憶の中に埋没するものでしかない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 次へ »

中に埋没 の使われ方