中で過す

20 の用例 (0.00 秒)
  • 太郎が、十一歳頃から少年の後期を田舎の中で過すのは実にようございます。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • しかし、グエンの場合は、三十年を刑務所の中で過すことになるだろう。 三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』より引用
  • 大きい歴史の時期に殆ど壮大な風景の中で過すということは。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 一日の大半を湯の中で過すのだが、朝も明け六ツからすでにつかっていたのである。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 毛虫は冬の間を此の巣の中で過し、天気の悪いのも此処で避ける。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 一同はその日の残りを家の中で過した。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • ゴビで、あの故障ジープの中で過すとなると、さぞ寒かったろうと思う。 井上靖『私の西域紀行(下)』より引用
  • 退院後は、一日の大半を床の中で過すようになった。
  • それは一日の三分の一の時間で、平均寿命が仮に七十二歳とすれば、実に二十四年間は寝具の中で過します。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 考えてみると、毎回、違った運転手さんと、或る時間二人きりで密室の中で過すわけである。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • こうして、明治後期に生れ天分を示しながら大正期のほぼすべてを夢の中で過した山下房雄は昭和時代の始まりとともにその生涯しようがいを閉じた。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 瓔子とわたしは、昼間の遊び時間を殆ど壕の中で過した。 山本道子『ベティさんの庭』より引用
  • 図書館のことを考え出すと、彼はその中で過したいろいろな時代の自分の姿が、ひっきりなしに頭の中に浮んできた。 菊池寛『出世』より引用
  • 皆が都会で暑さにまいって働いている時に、ここにいて青々とした山の中で過すなんてぜいたくな話です。 村松友視『百合子さんは何色 ―武田百合子への旅』より引用
  • そして、いつもその面白い腹鼓をきいたり、踊りを見て喜んだりして、一夜を山の中で過して帰つて来ました。 沖野岩三郎『馬鹿七』より引用
  • 以来、日曜日の朝の一刻を、私は先生のごつい木綿の蒲団の中で過すようになる。 外村繁『澪標』より引用
  • 少なくとも三時間はプールの中で過した。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 砂あらしがおとろえを見せるまでの長い時間を、フサは耐え難い不安と焦燥の中で過した。 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • 柚木浩の場合、救いだったのは、自閉の期間を自然の中で過したことだし、手にはいつもスケッチブックがあったことだ。 小川国夫『逸民』より引用
  • 雪の中なぞ歩るいたせゐか、私はその翌日から風心地で、昼間は寝床の中で過し、夕方近くなつて起きては遅くまで酒を飲んだ。 葛西善蔵『浮浪』より引用