中でも第

35 の用例 (0.00 秒)
  • 中でも第15戦オーストラリアGPはこの年のロッシの強さを象徴している。
  • 中でも第20話と第21話の間は4週間連続で放送が延期となった。
  • 中でも第六皇子貞純親王の子・経基王の子孫が著しく繁栄した。
  • こういった符号語と意味の対応を記したコードブックとその出版業が登場し、中でも第一次世界大戦と第二次世界大戦の間にハーバート・オズボーン・ヤードリーが創設したブラック・チェンバーもコードブックを出版していた。
  • 中でも第3組曲が有名で、演奏機会も多い。
  • 中でも第27回には会場が日本武道館となり、授賞式の華やかさは最高潮を迎えた。
  • 北軍の波を止めることに貢献したのはグレッグの予備隊である第41テネシーが到着したことであり、丘の頂上は他の部隊の残りが再集合する場所となり、中でも第7テキサス歩兵連隊の右大隊が戻ってきたことが大きかった。
  • 東京大学文学部卒業後は同大学の経済系研究科大学院に進学し、日本経済史、中でも第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけての戦間期を中心とした日本の大都市の拡大や交通網の整備に関する研究、さらに鉄道史学会会員として青木や老川慶喜、岸などと協力し日本の地方私鉄に関する研究や資料調査を進めた。
  • 中でも第1試合は壮烈を極めるものであったという。
  • 中でも第3飛行中隊は12名から2名にまで減少した。
  • 中でも第11号樹型は1993年の調査により、樹林帯を流れた溶岩流の水分が蒸気化したことによってガス圧力が高まり爆発を起こした世界的に珍しい溶岩スパイラクルであることが判明し、しかも完全な形で残っている事が分かった。
  • 以降改編期を問わずに8回放送され、中でも第3回と第4回は16日、第5回と第6回はわずか10日しか間をおかずに放送されていた。
  • また、他の映画祭に出品されるなどして国際的な賞を受賞したりと、高い評価を得る作品もあり、中でも第5回の「アフガン零年」はアフガン戦争以後のアフガニスタンで製作された初の映画作品として知られ、カンヌ国際映画祭のカメラ・ドールやゴールデングローブ賞の外国語映画賞などの名だたる賞を受賞している。
  • 中でも第24回から26回の「西門慶・潘金蓮殺し」は構成に推理小説のような緻密さを持ち、また人物描写も生き生きとしており、読者からの評価が高い部分であった。
  • 平易で親しみやすい描写があり、中でも第3曲「山道を行く」はユニークな作品として単独でも演奏される。
  • 中でも第5作『時の娘』は歴史ミステリ、ベッド・ディティクティヴの分野における嚆矢的存在として著者の代表作となっており、英米だけでなく、日本のミステリー作家にも影響を与えている。
  • 中でも第2番ト長調が有名で「ベートーヴェンのメヌエット」として知られる。
  • 中でも第二次世界大戦後のアメリカのビッグスリーが製作し、各地のモーターショーやメーカー自身の巡業に使われた、いわゆるフューチャーカーやドリームカーの数々は自動車史上でも特筆に値する。
  • 中でも第7回大会の小学生の部は、4年生の高尾紳路、2年生の山下敬吾の、後にトッププロとなる二人の決勝戦となり、後まで語り継がれるようになった。
  • また毎年3月4日に読谷村文化センターで行われる『ゆかる日・まさる日・さんしんの日』では2011年と2012年の2年連続で司会を務めており、中でも第19回大会では「かぎやで風」を約2ヵ月間の練習の末に披露したという。
  • 次へ »